5Gで変わる時代に日本は柔軟に受け入れられる事ができるのか気になります

2020年から日本でも5Gがスタートすると言われています。

そんな「5G」ですが日本は遅れているのか?今後の日本について書いていきます。

 

スポンサーリンク

5Gで日本が世界から遅れない為に

現時点で日本は5Gから遅れているのか?

アメリカや中国、韓国と比べれば遅れていますが、特別世界から取り残されるレベルで遅れているという訳ではありません。力を入れている国とそうではない国の違い程度だと思います。

 

結局は、5Gが使えるようになってもその5Gを生かした企業がサービスを展開しない限り生活スタイルが大きく変わる事はありません。

 

5Gが普及した未来の方が個人的には気になります

超高速大容量通信が可能な5Gが見事に普及すれば世界は大きく変わります。

産業や生活スタイルにも影響してくるのは間違いありません。特に5GはAIという分野にも大きく関わってきます。監視カメラの在り方も変わってくる可能性もあり、プライバシーという部分にも問題が出てきます。

 

個人的に気になるのは、日本がその辺をどう受け入れていくのかというところ。

例えば数年前に「ドローン」が誕生した時も日本はどちらかといえば否定的でしたよね。今ではある程度受け入れられ、テレビの番組でもドローンで撮影された映像が使われていたりします。

 

基本的に日本は「新しい未知のモノ」が誕生すると、まずは否定したり危険性だけに注目して最初に厳しい規制をします。ルールを作る事は大切ですが、それは逆に可能性や発展を妨げる事にも繋がります。

世界が5Gに力を入れ、時代が大きく変わっていくなかで日本は柔軟に受け入れていく事ができるのか注目です。

 

今はまだ想像できないようなモノが出てくる

新しいモノには、必ず「危険」は付きものです。

今はまだ想像できないようなモノやサービスが登場するでしょう。「よく分からないけど、これは危険だ!」と最初から蓋をせず、どう柔軟に対応して判断するかが大切な時代になってきます。