【解決】Wi-Fiが途切れる・止まるときに考えたいWi-Fi中継機

自宅のWi-Fiでネットを利用しているのに通信速度が遅くて不安定、通信が切れてしまうという方は、Wi-Fi中継機を設置する事で快適にネットを利用する事ができるかもしれません。この記事では、そんなWi-Fi中継機について解説します。

Wi-Fiが途切れる・止まる場合の理由

Wi-Fiの電波が届いていない図

Wi-Fiが途切れたり止まって快適にネットが使えない理由の1つとして、Wi-Fiルーターから離れすぎて電波が届いていないという可能性があります。

電波の障害

Wi-Fiの電波は、壁などの障害物によって弱くなっていきます。また、ルーターから距離が離れれば離れるほど電波も届かなくなってしまいます。

Wi-Fiには、2.4GHzと5GHzという周波数帯があります。2.4GHzの方が壁などの障害物に強いので、2.4GHz帯の方に繋いだら解決したという場合もあります。

解決:Wi-Fi中継機を使って電波を遠くに飛ばす

Wi-Fiの中継機を置いた図

Wi-Fiルーターから離れた場所でWi-Fiを使いたいという人や一軒家などでWi-Fiルーターが別の階にあるという人は、Wi-Fi中継機を使うことで快適にネットを利用する事ができるようになります。

Wi-Fi中継機とは?

Wi-Fiルーターから出ている電波を中継機がキャッチし、もう1度電波を飛ばしてくれる事で電波の範囲を広げる事ができます。極端な話、中継機を置いて更に中継機を別の場所に置くことでどんどん電波の範囲を広げることができます。

中継機を置きすぎても今度はWi-Fiの通信速度に影響してくるので、置きすぎは注意ですけどね。中継機は1つ置けばよほど大きな家じゃない限り大丈夫だと思います。

有線LANでの接続も可能

Wi-Fi中継機には、LANケーブルを接続できるタイプもあります。こういったタイプを使えばコンセントにWi-Fi中継機を挿して使い、パソコンやゲーム機などはWi-Fi中継機とLANケーブルで繋ぐというやり方もできます。

Wi-Fi中継機の使い方

色んなタイプがありますが、コンセントに挿す中継機が主流です。Wi-Fi中継機をコンセントに挿してWi-Fi中継機とWi-Fiルーターのボタンを両方押すことで簡単に接続する事ができます。工事や手続きなどは必要ありません。

Wi-Fi中継機のまとめ

  • Wi-Fiが繋がりにくいを解決できる
  • コンセントに挿してWi-Fiを更に遠くへ飛ばす
  • 工事や手続きなどは必要なく簡単な設定のみ