5G直前の2019年にiPhone 11を購入するのはアリか?について

「2020年に5Gがスタートするって言われているけど、今iPhoneを買い換えるのはタイミング的にどう?」という人に向けて書いていきます。

 

スポンサーリンク

2019年発売の「iPhone 11」(仮)について

噂になっているiPhone 11は、3モデルで登場か

iPhone 11は、3つのモデルで発売されると噂されています。

 

「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro MAX」の3モデルが登場すると予想されています。実質廉価版となる立ち位置になる「iPhone 11」は、約8万円〜で販売され、残りの2つのモデルは10万を超えると言われています。

 

5Gには、未対応の可能性が高い

2020年から日本でもスタートされる「5G」ですが、今年発売されるiPhoneには5Gが対応していない可能性が高いです。

 

日本でも高級品として扱われる新型iPhone

日本ですとiPhoneは、比較的安く購入できていましたが10月からの新ルールによって端末代の割引に上限が入ったり規制が入ったりするので、日本でも高級品として新型iPhoneは、扱われる事になります。

 

ただし、9月に発売となると新ルールが適用されるのは10月からなので、一定期間は実質負担額という言い方で安く新型iPhoneを購入できる可能性も0ではありません。

 

iPhoneは買取価格も高いのが救い

iPhoneは、型落ちでもなかなか中古で値落ちしないスマホなので機種変更したら売ればそこそこ高く買い取ってくれますけどね。

今だと「イオシス」みたいなネットから宅配買取もしてくれるところがあるので、わざわざ中古ショップに行く必要もなしです。

 

5G直前の2019年秋にiPhoneを買い換えるのはアリ?

結論から言いますと「アリ」です。

 

2020年から5Gが日本でもスタートしますが、まだまだ環境は整わず少しずつ5Gを利用できるエリアを広げていく流れになります。

つまり、2020年に皆が5Gを当たり前のように利用できるというのは難しいので5Gの為だけに買わないという選択肢は微妙です。

 

2019年秋にiPhoneを購入 → 2021年秋に買い替え

2019年秋にiPhoneを購入して2年後、5Gの環境がある程度整っているであろう2021年秋頃にiPhoneを買い換えるという選択肢ができます。

 

5Gに未対応でも新型iPhoneを購入すべきか

「iPhoneを買い換えようと思っていたし、絶対新型が良い」という人なら別に構わないと思います。

 

個人的な考えとしては、5Gに対応していないのであればApple的にはそこまで力の入った新型iPhoneではないのかな?と思ったりもしています。

 

あえて型落ちのiPhoneを購入するというのもアリ

5Gまでの繋ぎとして型落ちiPhoneを購入して、5Gが普及した頃に買い換えるというやり方もアリです。10月の新ルールが適用される前に型落ちiPhoneを安く購入しておくというのも良いですよね。

 

指紋認証派の人にとっては、iPhone 8が最後の砦ですしそっちを購入するのも良いと思います。

Appleが画面で指紋認証可能なiPhoneを作っている・・・という噂もあるので、指紋認証が復活した5Gに対応したiPhoneが登場を期待しても良いかもしれません。

 

まとめ

  • 2019年秋にiPhoneを買い換えるのはアリ
  • 2020年の新型iPhoneまで待つのもアリ
  • 型落ちiPhoneを購入して5G対応iPhoneまで待つのもアリ

 

5Gで劇的に一般人の生活やスマホの使い方が変化するのは、もう少し先の話になると思うので今、5Gを気にする必要は特にありません。

 

「どうせなら来年発売する5Gに対応したiPhoneが良いかな」という部分をそれぞれユーザーが気にするべきかなと個人的には思います。「どうせなら」という部分を考えて選択すれば良いのではないでしょうか。

 

どの選択肢も間違ってはいないと思いますし、アリだと思いますが個人的にはAppleがそこまで2019年のiPhoneには力を入れないのかなと思うので、新型iPhoneが欲しいのであれば2020年まで待つのが良いかなと思います。