お笑い芸人のラジオで1番面白いのは「オードリー」【おすすめします】

お笑いが大好きなのでお笑い番組をよく見ます。そして芸人さんのラジオも良く聞きます。もちろん好きなラジオは毎週聞いています。

 

その中でも特に、芸人さんのラジオの中でも1番面白いと思うのが「オードリーのオールナイトニッポン」です。ぶっちぎりで面白いです。聞きやすいです。

 

「芸人のラジオ聞こうかな」「おすすめは?」と聞かれたら即答します。「オードリーのオールナイトニッポンです」と。まだ聞いたことがない人はぜひどうぞ。

 

スポンサーリンク

オードリーのオールナイトニッポンが面白い理由

フリートークがメインのラジオ

ラジオだとハガキ(メール)のコーナーがありますよね。

特に芸人さんのラジオですと、このコーナーが大きく枠を占めていてネタコーナーとして盛り上がる訳ですがオードリーのラジオは違います。

 

2人のフリートークがメインであり、コーナーは終盤のおまけ程度です。

これが成り立つという事はつまり、2人のフリートークが面白い訳ですよね。トークがつまらない、続かないのであればコーナーを増やせばいい訳ですし頼ることもできるでしょう。それをしないという事は・・・トークが面白いという事です。

 

前半と後半に分かれてフリートークをするので聞きやすい

この1週間にあった出来事を、「前半:若林」「後半:春日」という風に分かれてフリートークをします。若林さんが喋っている時は春日さんが聞き役、春日さんが喋る時は若林さんが聞き役という事になります。

 

2人共聞き上手なのでごちゃごちゃしない

ラジオで2人共わーわー言って聞いている方がしんどくなるラジオってあると思うんですが、オードリーは2人共聞き上手です。この聞き上手というのは、「黙っている」「相槌を打つだけ」ではなく、程よく合いの手を入れるという感じでしょうか。

 

例えば春日さんが10のうち7を喋ったとします。そこで若林さんが「○○教えてよ想像したいじゃない」と3を引き出します。たまに2しか引き出せず残りの1は、春日さんが「まぁまぁそれはいいじゃない」と隠して笑いになるというパターンも好きです。

 

よく「部室感」と例えられるのですが、まさにこれでしょう。

不特定多数に面白い事を言おうとしているというよりかは、2人の無理のない会話が外に漏れている感じです。最高です。

 

2人は話し上手でもあります

2人共声だけを聞いている側が光景を浮かべやすいように話すのも上手だったりします。まさにラジオ向きですよね。

たまに2人が盛り上がってしまい、おそらく動作や手で説明している時もたまにありますが、それはそれで良いのです。

 

初めて聞いてもついていけるように説明がある

ラジオによってそれぞれ色があり、ずっと聞いている人ではないと分からないような流れや単語があると思います。

オードリーのラジオの場合は、初めて聞いた人でも理解できるように工夫して話をしてくれます。聞き役の方が上手くサポートする事もあります。

 

初めて聞いたら話についていけずに置いてけぼりになる・・・という事はありません。

 

2人のタイプは真逆に近くて2人共魅力がある

若林さんは人間臭い人間、春日さんはロボット的思考というべきでしょうか。ちょっと言葉で説明するのは難しいです。

10起きた出来事に関して10引きずったり10考える若林さんに対して、春日さんはコレはコレ、アレはアレだからねぇという風に考えます。そこがまた2人の良い所だったりするんですよね。オードリーは最高のコンビです。