必要最低限を目指して服を大量に捨てています【捨てる基準・コツ】

今年に入ってから大量の服を捨てました。

 

45リットルサイズのゴミ袋3袋分は捨てました。意外と服は持っていない方だと思っていたのですが、実際に出してみるとその量に驚きましたね。

 

基本的に服は、「壊れたり使えなくなる」みたいな事がないので捨てにくいんですよね。

でも、いつまでも置いておいても仕方がないのでスッキリする為に捨てました。

 

スポンサーリンク

服を捨てるコツよりも残すコツの方が難しい

自分は服にあまり興味がないので、捨てるコツよりも残すコツの方が難しいですね。

 

極端な話、「これも!これも!全部いらねぇ」くらいの勢いで捨てました。お気に入りの服というのもないので、結構難しかったです。

 

多分、お気に入りの服がないからこそ無駄に量も増えるんでしょうね。

お気に入りの服だけを数着持っているような状態にしていきたいです。

 

服は1週間分あれば良いのでなるべくそこに近づきたい

大量の服を捨てましたが、まだ余分に服は持っています。

 

もっと量を減らしたいのですが、凄い勢いでこの数ヶ月間で捨てまくったので割と恐怖です。いったん自分を落ち着かせるためにもストップします。

 

服の量を考えれば1週間分、つまり7着分あれば十分ですよね。

5着くらいはテキトーな服で、2着はちょっとオシャレな感じのを残しておけば良いかなと思っています。なるべくその7着分の量に近づけるように頑張りたいところ。

 

春夏秋冬のせいで服の量が増えるねん

年中温かいとか、年中寒いとなれば服の種類も限られてきますよね。

しかし、日本は夏は超暑いし冬は超寒いです。

 

夏用の服だけを持つというようなスタイルは難しそうです。

 

服を捨てる時の基準【コツ】

服は直感的に「いらない」と思ったらいらない

服を見て「捨てようかな。どうしようかな?」と悩む時って「いらない」と思っているという事ですよね。そういうのは捨てても大丈夫です。もう着ることはないでしょう。

 

もしかしたら着る機会があるかもしれませんが、その時は気分よく着られるでしょうか。おそらく、「ちょっと新しい服買おうかな」となるはずです。

 

1週間分の服を1度並べてみる

どうしても捨てられない!というのであれば、1週間分の服を地面に並べてみてください。

自分の中でのお気に入りの服、1軍の服を地面に並べることで「絶対に残すべき服」をまずは決めることができます。

 

毎日オシャレに気を使っている人は、別ですがだいたいの人は同じような服を着回ししています。

1週間分あれば本来なら十分なはずです。その1週間の中に入らなかった服から、捨てる服を探す作業にしてあげると捨てやすいと思います。

 

迷った服は「最悪、もう1度買えばいいや。似たような服を買えばいいや」と思って捨てるのもアリです。捨てようか迷うような服は捨てても、買い直すような事はないでしょう。

 

服は捨てても後から後悔は意外としません

「いや〜これ捨てて大丈夫か?おい!大丈夫か?」と心の中で自分に問いかけつつ、服を捨てまくりましたが、意外と後悔はしませんね。

 

あー!あれ捨てなければ良かった。と思うような服は、多分普段から着ていたような服なので、そういった服はまだ残しておいた方が良いかもしれません。

いくつか選択肢があって、この服も選択肢の1つとして選べた時に着るだろうか?と考えて、選ばないような服は捨てちゃってOKですね。

 

少しでも後悔を減らしたいのであれば「お金」に変える

自分を納得させるには、やはり「お金」です。

 

古着屋などに持っていっても良いですし、今はネットで簡単に個人で売買できますよね。

メルカリ」などを利用するのもアリでしょう。

 

【まとめ】白いTシャツだらけみたいなのが理想かもしれない

まだまだ服の量は多いと思うので捨てたいですが、最終的には同じ色のTシャツだけが並んでいるような感じが理想かもしれないですね。

 

もともと無地のTシャツが好きですが、流石に同じデザイン、同じ色のTシャツで揃える勇気はありませんが、理想はそれに近いかもしれません。

 

本当のミニマリストのような人たちみたいには、できないかもしれませんが服の量は必要最低限分だけにしてスッキリしたいです。頑張ります。

 

スポンサーリンク
ライフスタイル
スポンサーリンク
シェアする
TYTBLOG.com