プロ野球目的にDAZNに加入すべきか?スポーツ好きなら超お得

プロ野球の試合を配信しているサービスはいくつかありますが、その中から今回は「DAZN」を紹介します。

 

結論から先に言いますと、プロ野球以外のスポーツの中継も見たい!という人はDAZNはめちゃくちゃお得です。プロ野球だけを見るつもりでDAZNに加入する場合は、絶妙なラインの料金が設定されています。

 

スポンサーリンク

2019年:DAZNが配信する主催試合【球団】

DAZNでは、12球団全ての主催試合が配信される訳ではありません。

※ 毎年、参加する球団参加しない球団が出てくるのでバラバラです。

 

2019年は全部で10球団の主催試合がDAZNで配信されます。

セ・リーグ
  • 巨人
  • DeNA
  • 中日
  • 阪神
パ・リーグ
  • 西武
  • ソフトバンク
  • 日本ハム
  • オリックス
  • ロッテ
  • 楽天

※ 巨人が新たに加わりましたが、広島・横浜は参加せずという事で10球団

 

DAZNでプロ野球中継を見るメリット

今はいくつかのネット配信サービスがありますが、セパ両方を配信するのはDAZNだけです。

 

スカパー!の場合ですと、スマホやタブレットでも視聴する事ができますがメインはテレビ中継ですので毎月の料金にも違いが出てきます。

DAZN スカパー!
1,750円 3,685円
10球団 12球団

※ ドコモユーザーの場合は、DAZNを月額980円で利用する事ができます

 

もちろん質で言えば、スカパー!の圧勝でしょう。

スカパー!に勝てるプロ野球の試合を配信するサービスは今の所なしです。

 

なので、スカパーを除くプロ野球の試合を配信するサービスで考えた時にセパ両方を配信するのはDAZNだけ。そしてプロ野球以外も見れてこの価格。

 

DAZNでプロ野球中継を見るデメリット

メリットでもあり、デメリットでもある部分としてはDAZNでは「プロ野球セット」のようなものが用意されていません。

 

DAZNでは、メジャーの中継からサッカー、ゴルフ、ボクシング、アメフトなどなど様々なスポーツが配信されています。これ全てを入れて毎月1,750円と激安ですが、プロ野球以外は見ないとなると少し高いと感じるかもしれません。

 

後は遅延の部分でしょう。

リアルタイムで中継されているものよりも数十秒〜数分遅れています。遅延が気にならない人は特に気にする必要はありません。

 

月額1,750円はユーザーの使い方によって激安にも割高にもなる

  • セパ合わせて10球団の試合が中継される
  • 野球以外にも様々なスポーツが配信されている
  • 月額1,750円
  • 遅延はもちろんある

 

パ・リーグ主催試合のみを配信するサービスだと、交流戦でセ・リーグ主催試合が見れない!という事があります。そういった場合もDAZNならカバーできますね。

 

正直、広島・ヤクルトも加わった12球団がDAZNで配信されるとセ・パ両方のファンにとって最高なんですけどね。広島とヤクルトの主催試合の中継は割と閉鎖的(独占)なので。

 

DAZNのまとめ

公式サイト 【DAZN】世界中のスポーツを全てここで
月額 1,750円
※ ドコモユーザー ※ 980円
1ヶ月お試し あり
プロ野球 10球団の主催試合を配信
視聴デバイス パソコン・スマホ(アプリ)・テレビ・ゲーム機
デバイスの数
  • 最大6デバイスまで登録可能
  • 2デバイスで同時視聴可能

 

1ヶ月無料お試しがあるので、まずはそこで映像の状態や遅延具合を確認する事ができます。

気に入れば継続して利用すれば良いですし、これはダメだと思えば解約すればOKです。

 

テレビで視聴したい場合は、「Apple TV」や「Chromecast」などを繋ぐことで見ることができます。自宅にPS4のゲーム機がある場合は、PS4経由で視聴する事ができます。

※ PS4を有線で繋いで視聴すると少しは遅延、映像の乱れを防ぐことができるでしょう

 

スポンサーリンク
サービス
スポンサーリンク
シェアする
TYTBLOG.com