MENU
わいし
運営者
スマホ・タブレット・パソコンのようなガジェットが好き。ミニマルなデザインのモノも好き。なるべくモノは少なく、デジタル化で穏やかに暮らしたい。

デジハリならAdobe CCを半額の39,980円で安く使えるよ!活用しないと損【入会手順を解説】

デジハリならAdobe CCが安い

Adobeのソフトは便利だし機能的だし最高ですが、1つだけ大きな壁があります。それはとにかく価格が高いということ。買い切りではなくサブスクという形で基本的に編集ソフト1本につき年間で約3万円ほどします。

とくにAdobeに興味のある方ですと、Premiere ProやAfter Effectsといった動画編集ソフト、PhotoshopやLightroomなどの画像編集・加工ソフトを複数使いたい方が多いはず。そうなるとAdobeソフトが全て使い放題になるAdobe CCというプランを利用することになりますが、こちらは通常1年間で72,336円(税込)。高すぎる。

それでもAdobeを使いたいんだ!という方に向けて、今回はAdobe CCを1年間で39,980円(税込)にまで抑える方法を紹介していきます。学生や個人問わずほぼ半額の値段で使えるのでおすすめ。

Sponsored Links

タップできる目次

Adobe CCを安く使いたいなら公認スクールを活用する

Adobeには「アドビ スクールパートナープログラム」という仕組みがあり、スクールパートナーに認定されたところでは教材としてAdobe製品を安く提供することができます。主にスキル習得のために教室に通う通学タイプのスクールと、通信講座タイプの2種類あります。

今回紹介する方法は、通信講座タイプを活用してAdobe CCを安く使う方法になるので、通学などは不要。また、課題なども提出する必要はないので安心してください。

デジタルハリウッドでAdobe CCを安く使う

アドビ スクールパートナープログラムに認定されているデジタルハリウッド。通称デジハリ。デジハリには通学タイプのものもありますが、通信講座(デジハリオンライン)も提供。

講座にはWEBデザインや3D・CGなど様々なスキル習得に役立つものがありますが、その中にAdobeマスター講座というものがあります。

Adobeマスター講座の受講料は39,980円。約4万円で以下のような特典を得ることができます。

  • Adobe CCライセンス(1年分)
  • 約46時間分のオンライン動画教材(1ヶ月間)
  • 添削課題(2ヶ月間)

つまり実質Adobe CCを39,980円で1年間使うことができるというわけです。Adobe初心者であればオンライン動画教材も付いてくるので基本操作などを学ぶこともできます。興味のない人は見なくてもOK。添削課題もやりたい人だけやればOKというスタンスなので、課題をやらないからといって怒られたりすることもありません。

Adobeマスター講座のページはコチラ

Adobeマスター講座を受講すると1年分のシリアルコード(引き換えコード)がメールで送られてくるので、そのコードをコピーしてAdobeの専用ページに入力すれば1年間Adobe CCを使うことができるようになります。

それでは、講座入会からAdobe製品が使えるようになるまでの手順を紹介していきます。

デジハリでAdobeマスター講座の申し込み手順

STEP
デジハリの公式サイトにアクセス
デジハリ
デジハリONLINE

デジハリオンラインのサイトにある「Adobeマスター講座」のページを開いたら画面下までスクロールしていきます。講座のお申込みいうところまで辿り着いたら、内容を確認してチェックをいれて「Adobeマスター講座にお申し込み」のボタンをクリック。

デジハリのAdobe申し込みページ
デジハリのAdobeマスター講座の申し込み

Adobeマスター講座にお申し込みのボタンをクリックするとキャンセル不可といった文言の内容がポップアップで表示されると思いますので、しっかりと確認をしてから「OK」をクリックしてください。

STEP
カートの内容を確認して進む
Adobeマスター講座申し込み画面

カートに「Adobeマスター講座」が入っていることを確認。お支払い金額が39,980円であることを確認して間違っていなければ「お客様情報入力画面に進む」をクリックして進めていきます。

STEP
お申込者情報の入力
お客様情報を入力

氏名や住所などを入力していき、全て入力を終えたら「お支払い情報確認」へ進みます。

STEP
お支払い情報入力
お支払い情報の入力

お支払い情報を入力していきます。クレジットカードで支払う方はクレジットカードの情報を入力してください。今すぐにAdobe製品を使いたい方はクレジットカードがおすすめ。支払いが完了するとデジハリからAdobe CCを使うための引き換えコードがメールで送られてきます。

Sponsored Links

デジハリから届いた引き換えコードの使い方

デジハリから「Adobe CreativeCloudシリアルコード発行のご案内」というメールが届いたら、メールに記載されている引き換えコードをコピーして、専用サイトにアクセスと書かれたURLをクリックして飛びます。

シリアルコードを入力する画面では、学校名などを入力する項目がありますが、どのように入力すれば良いのかについてもメールに記載されているので、そちらに従って入力をしていけばOK。無事全てが完了するとAdobe CCが使えるようになるので、Adobe製品が使い放題となります。

このコードをAdobeのサイトに入力することでAdobe CC(1年分)と交換することができます。メールには専用サイトのURLが記載されているのでそこから入っていけばOK。

わいし

これであなたも今日からAdobeユーザー!

2年目以降もデジハリでAdobe CCを継続利用できる

Adobe製品を気に入って2年目以降も安く使いたいなら、今回紹介した手順で再度デジハリの「Adobeマスター講座」を受講するだけ。2年目以降は受講できない・高くなるといった心配もなし。引き換えのシリアルコードを貰ったら、Adobeのマイアカウントに入って引き換えコードを入力すればOK。

タップできる目次