【ハリポタGO】個人的に改善してほしいところまとめ【呪文エネルギー枯渇】

「ハリー・ポッター:魔法同盟」で個人的に改善してほしいところをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

「ハリー・ポッター:魔法同盟」で改善してほしいところ

呪文エネルギー枯渇問題

「ポケモンGO」でいうモンスターボールが、「ハリポタGO」では呪文エネルギーになります。この呪文エネルギーがなくなれば遊ぶことはできなくなります。

 

ポケモンGOではボールの種類によって捕獲率が異なるので、捕獲しやすいポケモンに対しては捕獲率が低いボールを使うなど使い分けができますが、そういった部分がハリポタGOにはありません。

 

相手が弱くても強くても決められた呪文を使った分だけ呪文エネルギーが消費するのですぐに枯渇します。呪文エネルギーに関しては、時間で回復するなど改善する必要があると思います。

 

呪文エネルギーは課金してコインを購入して、そのコインでエネルギーを増やすことが可能です

 

「宿屋」と「温室」2種類もいらないのでは?

「ポケモンGO」では「ポケストップ」と呼ばれるものがありましたが、「ハリポタGO」では「宿屋」と「温室」の2種類があります。

 

なぜ「ポケストップ」のように1つにまとめなかったのか不思議で仕方がありません。

 

「宿屋」と「温室」の違いについてはこちら。

  • 「宿屋」:食事をする事で呪文エネルギーがランダムで回復
  • 「温室」:栽培をする事が可能。たまに呪文エネルギーが回復

わざわざ宿屋と温室を別々にした意味がよく分かりません。

 

そもそも温室でやれる事はどこでもやれるようにしておいて、宿屋が沢山あった方が良いと思うのですがどうでしょう。

 

呪文のフォントがダサい問題

呪文の名前が大きく表示されますがこれのフォントがダサいです。

 

気になって海外のハリポタGOを確認してみたのですが、英語だと意外としっくりくるんですよね。ただカタカナでこのフォントになると、とても安っぽく見えてしまいます。