「ハリー・ポッター:魔法同盟」をレベル7まで遊んだ感想【初心者に厳しい】

「ポケモンGO」で世界的ブームを巻き起こしたNiantic社の最新作「ハリー・ポッター:魔法同盟」をレベル7まで遊んだ感想です。

 

ちなみにですが、映画「ハリー・ポッター」の作品は一応全部見ています。

ハリー・ポッターの世界観は理解しつつ、感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

ハリポタGOはRPG寄りの位置情報ゲーム【感想】

単純に「ポケモンGO」のハリー・ポッター版かと思いきや全く違います。

 

位置情報ゲームには変わりないのですがRPG要素が強く、老若男女に受け入れて貰えるかと考えると微妙です。普段ゲームをやらない層を上手く囲えたポケモンGOですが、ハリポタGOは正直厳しいかなと思います。

 

独特の世界観を壊さないようにした結果複雑に

ハリー・ポッターというと魔法の世界ですよね。独特の世界観です。

その世界観を壊さないようにした結果、専門用語が多くアイテム名も独特。

 

ポケモンGOのように「ポケストップ」や「たまご」といった柔らかい表現はなく、「宿屋」「ポートキー」「ファウンダブル」のようにゲームに慣れていないと連想できないような単語が多く使われています。

 

そもそもが、「ハリポタGO」をターゲットにしているユーザー層を、若い人もしくはハリー・ポッターファンという事なのかもしれませんが。ポケモンGOと同じ層をターゲットにしても仕方がないですしね。

 

職業がある事で更にRPG感が強い

「闇祓い」「魔法動物学者」「教授」という現時点で3つの職業があります。

 

この職業はいつでも切り替える事ができるのですが、それぞれの職業でアイテムを消費して自身のスタミナやパワー、クリティカルパワーにプロテゴパワーなどのステータスを上げていきます。

 

これもゲームに慣れているユーザーにとってはある程度理解できますが、慣れていないととっつきにくいシステムだと思います。

 

イマイチパッとしない

不思議とポケモンのような華は感じられません。

実写化しているものをゲームに取り込む事でアンバランスな動きが奇妙に見えてしまうんでしょうね。この辺は仕方がない部分だと思います。

 

ハリポタGOは入り口が狭すぎて初心者に厳しすぎる

「ポケモンGO」は、世代毎に順番にポケモンを増やしていきましたよね。

最初は第1世代のポケモンが登場し、その後アップデートで第2世代のポケモンが登場しました。

 

「ハリポタGO」も同じように最初は第1作目「賢者の石」のキャラクターを出せば良かったのでは?と個人的には思います。幼いハリーやマルフォイに今から始まる魔法の世界という世界観で最初は十分だっと思います。

 

ハリポタGOの何が問題かと言うと、ハリー・ポッターを知っている人と知らない人でのスタートラインが全く違うところ。

 

ハリー・ポッターを知らなくてもある程度世界観についていけるようにする為にも、「賢者の石」を軸にスタートした方が良かったと思います。ハリー達の成長も見る事なく、おじさんハリーがいきなり登場するのはどうなんでしょう。流石に初心者に対しての入り口が狭すぎると感じます。

 

別にハリー・ポッターを知らない人はやらなくても良い!という事かもしれませんが、ユーザー側としてはプレイ人口が減れば減るほど盛り上がりに欠け離れていきますからね。

 

何だかんだ言いつつも一応毎日遊んでいます

暇になればアプリを起動して遊んでいます。

 

ハリー・ポッターの作品を一応見ているので、知っている人物が登場すれば「おっ!」とはなりますしね。逆にハリー・ポッターを知らなかったらすぐやめていたかな。

知らなくても世界観は楽しめると思いますが、どうしても未知の部分が多いと思うのでその辺は厳しそうです。

 

呪文エネルギーは時間で回復すればより効率よく遊べると思う

個人的には呪文エネルギーは時間で回復してくれないかなと思います。

 

ポケモンGOのようにボールの種類で捕獲率が変わるのであればポケストップも楽しいと思いますが、ハリポタGOは指でなぞったら自動で呪文を撃つだけなのでそれなら時間で回復してほしい。

 

宿屋でも回復できるけど時間でも回復できるようにお願いしたい。

 

まとめ|ハリポタGOは最初から駆け足のRPG位置情報ゲーム

ハリポタGOは、色々と最初から詰め込みすぎたかな?という印象です。ポケモンGOのようなシンプルで誰にでも分かりやすいゲームシステムでもありません。

 

先程も言いましたが、そもそもがポケモンGOとは違いハリポタGOユーザーのターゲット層が絞られているという事もあったのかもしれませんが。

 

それでも最初は、ハリー・ポッターを知らないという層も振り落とされないくらい入り口は広く、ゲームを普段遊ばない層でもついていけるくらいの余裕のある状態で配信してほしかったなと思います。

 

このゲームをきっかけに「ハリー・ポッター」を見れば、より楽しめるのは間違いないです。

詳しく知りたければ見てねという感じでしょうか。