IIJmioが「eSIMプラン」を提供【複数回線を持つメリット】

IIJmioが7月18日から「eSIM」の提供を開始します。

 

毎月の通信料を安くしたいけど、大手キャリアとの契約は継続したいという人にとっては素晴らしいサービスです。結論から先に言いますと「大手キャリアで最低限のプランを契約をしておいて、残りをeSIMでカバーする事で毎月の通信料が安くなる」という事になります。

 

公式サイト:IIJmio

 

スポンサーリンク

eSIMとは|SIMカードなしで2つ目の回線を持つ事が可能

基本的にスマホにはSIMカードと呼ばれるカード型のチップが1枚入っています。

このSIMカードを入れる事で、電話を使えるようになったりWi-Fi以外の場所でネットを利用できるようになったりします。ドコモ回線を契約している人はドコモのSIMカード、au回線を契約している人はauのSIMカードを利用している事になります。

 

そのSIMカードをデジタル化したものが「eSIM」になります。

 

eSIMを利用する事で2つの回線を1つの端末で利用可能

ドコモで契約をしている人はドコモの回線、auで契約をしている人はauの回線というように1つの端末で1つの会社の回線を利用するのが当たり前でした。

 

eSIMを利用する事で、1つの端末で2つの回線を利用する事ができるようになります。

 

eSIMはネットで契約をしてインストールするだけで利用可能

大手キャリアで契約をする場合や格安SIMで契約をする場合でも、申込みをしたらその会社のSIMカードが渡されます。そして自分でスマホにSIMカードを差し込んで設定をする事で回線を利用する事ができるようになります。

 

eSIMの場合は、ネットで申込み後にインストールをするだけでOKです。

物理的なSIMカードではないので、端末に差し込む必要もなければ自宅にSIMカードが届くのを待つ必要もありません。

 

eSIMに対応しているスマホ|iPhone XS・XR

現在日本で簡単に購入ができるeSIMに対応しているスマホは「iPhone XS」「iPhone XR」です。

※ eSIMはスマホに内蔵されているものなので、対応していないスマホでは利用できません。

 

元々、SIMカードが2枚入るスマホやeSIMに対応したAndroidスマホもありましたが日本ではキャリアが喜んで販売はしてくれないので、自分で調達してくる必要があり普及していません。

今後、eSIMが盛り上がればeSIMに対応したAndroidスマホも手軽に入手できるようになるかもしれません。

 

IIJmioがeSIMのサービスを開始|毎月の通信料はどのくらい?

格安SIMも提供している「IIJmio」が7月18日から「eSIMプラン」を提供開始します。

毎月データ容量6GBを月額1,520円で利用可能となります。

 

大手キャリア+eSIMにする事で毎月の通信料を抑えることが可能

2019年7月時点で、大手キャリアの通信料を見ると毎月最低限(1GB)の利用者は比較的安く利用する事ができます。大手キャリアで契約をするメリットとしては、安定したネットの通信速度が維持できる事。デメリットとしては通信料が高いという部分。

 

そこで、eSIMを使い分ける事で毎月のデータ容量は変わらずに料金を安くする事ができます。

 

毎月7GBの通信料を利用した場合の違い

  • 大手キャリアで7GB利用した場合の通信料は約5,000円〜6,000円になります。
  • 大手キャリアで1GB利用した場合の通信料は約2,000円〜3,000円になります。
  • IIJmioで6GBのeSIMを利用した場合の月額料金は1,520円となります。

 

つまり大手キャリアで7GB利用する場合よりも、大手キャリアで1GB分利用してeSIMで6GB分契約をした方が毎月約1,500円ほど安く利用する事ができます。 

 

IIJmioが提供するeSIMは「データ通信専用SIM」

データ通信専用SIMとは、電話番号を持たないSIMという意味になります。

ネット通信に特化したSIMとなるので、大手キャリアで契約をしつつIIJmioのeSIMを契約したら電話番号が2つになるという事はありません。

 

大手キャリアで契約をしつつ「eSIM」も利用するメリット

わざわざ大手キャリア+eSIMという形にしなくても、最初から格安SIMで契約をすれば良いのでは?と思う人もいるかもしれません。それでは「大手キャリア+eSIM」のメリットを説明します。

 

  • 大手キャリアのサービスを継続して利用できる
  • 2つの回線を持つ事でトラブルにも対応できる
  • 毎月の通信料を安くすることができる

 

大手キャリアのサービスを継続して利用可能

「毎月の通信料を安くしたいけど格安SIMへ乗り換えは不安。大手キャリアが提供するサービスを継続して利用したい!」という人も、eSIMを利用する事で通信料を下げつつ大手キャリアとも契約を継続する事ができます。

※ 格安SIMへ乗り換えをすると、キャリアが提供するメールアドレスを利用する事ができなくなるなどキャリアが提供するサービスを受けられなくなります。こういった問題もeSIMなら解決。

 

2つの回線を持つ事でトラブルにも対応

auで契約をしているユーザーがeSIMでドコモ回線を契約すれば、どちらかの回線にトラブルが発生した場合でも、もう片方の回線を利用する事で対応できます。

 

毎月の通信料が安くなる

こちらは先程も説明した通り、大手キャリアよりも安い料金で利用する事ができるので毎月の通信量は変わらず負担額は減らすことができます。

 

まとめ|それぞれの良いとこ取りができる「eSIM」

キャリアにはキャリアのメリット・デメリットがあります。

格安SIMには格安SIMのメリット・デメリットがあります。

 

そこで「キャリア+eSIM」にする事でお互いの良いとこ取りができます。

通信料は下げつつキャリアのサービスを受けられるというのは素晴らしいですよね。

 

逆にキャリア側としては頭の痛い話となりそうです。