IIJmioのeSIMをiPhone 11シリーズで使ってお得に安くする方法を解説

2019年の新型「iPhone 11」シリーズですが、すでに格安SIMの「IIJmio」が動作確認を行ったと発表しました。そして、「eSIM」の動作環境もOKとのこと。

 

ここでは、IIJmioの「eSIM」を上手く活用してiPhone 11をお得に利用する方法を解説していきます。「そもそもeSIMとは?」という人にも分かりやすく解説します。

 

スポンサーリンク

iPhone 11:eSIMとは何か?を解説します

iPhone XS・XRから搭載されています

iPhone XS・XRから「eSIM」が搭載されており、2019年の新型iPhone 11シリーズにも「eSIM」が搭載されています。

 

eSIMを簡単に説明すると上書き可能な空っぽのSIMカード

ドコモやauなどのキャリアと契約をしたり、格安SIMと契約をするとSIMカードと呼ばれるチップが渡されますよね。そのSIMカードをスマホに入れる事で、電話(音声通話)が使えたり、Wi-Fi以外の場所でネットを使うことができたりします。

 

では、「eSIM」とは何なのか。

eSIMは、最初からスマホの中に入っています。なので搭載という言い方をしている訳ですね。このeSIMは、ネット回線を通って直接情報を書き込む事ができるのでSIMカードを入れる必要がありません。

 

考え方としては、iPhoneの中に「チップ状のSIMカード」も入れる事ができるし、「eSIM」に書き込む事もできるので1台で2つのSIMカードを使うことができるので、デュアルSIMに対応しているという言い方をする事ができます。

 

IIJmioがeSIMのプランを提供しています

格安SIMを提供している「IIJmio」という会社は、eSIMのプランも提供しています。

 

つまり、eSIMに対応したスマホを持っているユーザーは、ドコモやauなどのキャリアと契約をしつつ格安SIMのプランも契約する事ができるという事です。

 

よくわからないけど、なんで2つも契約して安くなるの?

IIJmioのeSIMのプラン:なぜ毎月のスマホ代が安くなるのかを解説

IIJmio:毎月6GBで1,520円

まずは、IIJmioの「eSIM」のプランを確認してみます。

公式サイト IIJmio
プラン eSIMプラン
最低利用期間 翌月末日(実質なし)
対応回線 ドコモ
容量 6GB
月額 1,520円

 

IIJmioの「eSIMプラン」は、毎月1,520円でデータ容量6GBが用意されています。

格安SIM(MVNO)という事もあって非常に安いです。

 

キャリア+eSIMで安くなる理由を解説します

キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で契約をするか、格安SIMで契約をするかで迷う人も多いと思いますが、「eSIM」を使うことでキャリアと契約をしたまま格安SIMを契約する事ができます。

 

ここを上手く組み合わせることで月々のスマホ代が安くなります。

 

例:auユーザーで毎月7GBの容量を使う人の場合

毎月7GBのデータ容量を使うので「auフラットプラン7」に加入したとします。

2年契約で月々5,480円となります。

 

その人がeSIMを使ってIIJmioと契約をしたとします。

するとeSIMで6GB使えるのでauでは1GB以下で良くなります。

 

2年契約で月々2,980円の1GB以下の「ピタットプラン」に変更する事ができ、IIJmioで6GBの1,520円を足して毎月4,500円となります。月々約1,000円安くなるので2年で2万4千円お得という計算になります。

 

キャリア+eSIMで安くならない人もいます

例えばauの場合、家族3人で加入すれば家族割+によって毎月1,000円の割引が適用されます。そして自宅にauひかりなどが通っている場合は、auスマートバリューが適用されこちらでも毎月1,000円の割引が適用されます。

 

auフラットプラン7は、すべての割引が適用されると毎月3,480円で利用できるのでこちらの方がお得ですね。

 

キャリア+eSIMのメリットをまとめます

2つの回線を持てるのでトラブルにも対応

IIJmioのeSIMは、「ドコモ回線」を提供しています。

キャリアでauやソフトバンクと契約をしているユーザーは、1台のスマホで2種類の回線を扱うことができます。回線のトラブルなどにも対応できます。

 

キャリアのメールアドレスが使える

格安SIMへ乗り換えると「@ezweb」などのキャリアのメールアドレスが使えなくなりますが、eSIMで格安SIMと契約をするのでこういったキャリアのサービスを継続して利用する事ができます。

 

家族割や自宅の回線などの割引が適用されない人に優しい

キャリアで契約をする場合、家族割や光回線など様々な割引を適用して安くなるという仕組みなので、こういった割引が適用されない人にとっては損をした気分になります。

 

そういった人に「キャリア」の良い部分を貰いつつ「格安SIM」で安くするという選択肢が出てくる事は良い事だと思います。

 

契約をしたらすぐに使える

SIMカードではないので、自宅に届くまで待つといった必要がありません。

公式サイトから申し込みをして手順に沿って進めれば、その日からeSIMを使ってネットに接続する事ができます。

 

IIJmioでeSIMプランへの申込みの流れ

申込みの前に注意点があります

  • 事前にSIMロックの解除をしておく必要があります
  • 音声通話のプランはありません

※ 音声通話については、新たに電話番号を持てる訳ではありません。

 

契約までの流れを紹介

  1. 公式サイトから「eSIM」を申し込む
  2. 会員登録をする(会員の場合はログイン)
  3. プランを選択する
  4. 申込みが完了するとメールが届く
  5. 届いたメールからQRコードを開く
  6. QRコードをスマホで読み込む

こういった流れとなります。

QRコードを読み込んで追加する形になるので楽ですね。

 

※ QRコードで追加方法:「設定」アプリを起動 → 「モバイル通信」をタップ → 「モバイル通信プランを追加」をタップ → QRコードスキャン開始

公式サイト:IIJmio

 

最低利用期間が実質ないようなものなので安心かなと思います

公式サイト IIJmio
プラン eSIMプラン
最低利用期間 翌月末日(実質なし)
対応回線 ドコモ
容量 6GB
月額 1,520円

 

IIJmioの「eSIMプラン」は、毎月1,520円でデータ容量6GBが用意されています。

IIJmioのeSIMプランは、データ通信専用なので最低利用期間が契約した月から翌月の末日と実質ないようなものなので、この辺はすぐにやめたければやめられるので安心かなと思います。