【iOS 13】Sign In with Appleに高速化と気になる機能が沢山

Appleが「iOS 13」を発表しました。今秋公開予定となります。

 

それではまず気になるiOS 13でもサポート対象のiPhoneから見ていきましょう。

 

iOS 13に対応するiPhone

  • iPhone XS / iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8 / Plus
  • iPhone 7 / Plus
  • iPhone 6S / Plus
  • iPhone SE

発表前のリーク情報では、iPhone 5S・6・SEがiOS 13でサポート終了と言われていましたがSEは何とか生き残ったようです。

 

今回、ここでiPhone SEをサポートから外さなかったのを「やはり小型iPhoneはもう登場する事はない」と見るべきか「SE2(XE)がやっぱり発売される」と見るべきか。

 

スポンサーリンク

iOS 13の機能で気になった所を紹介

ダークモード

すでにMacの方で実装された「ダークモード」がiOS 13にもやってきます。

ダークモードでは、画面の背景がダーク色に染まり目に優しい色合いになります。

 

※ 「ダークモード」が好きな人は常にオンにしておけば良いですし、夜など時間を指定してダークモードを利用する事も可能との事。

 

あらゆるものが高速化

アプリの起動スピードが最大2倍、Face IDのロック解除スピードもアップ。

色々と工夫されているようで、iOS 13では更に高速化するとの事。

 

マップが進化して使いやすくなる

最初から搭載されているiOSのマップは分かりにくく、Googleマップを利用している人も多いと思います。

 

そんなiOSのマップはより細かく表示されるようになり、Googleマップに匹敵するレベルになりそうです。

 

Sign In with Apple

アプリやサービスを利用する際に、メールアドレスの登録やSNSのアカウントを紐付けさせられる事がほとんどですよね。

 

登録するのは少し不安・・・という人に朗報です。

 

「Sign In with Apple」によって、Apple ID(Appleのアカウント)を使う事でログインができるようにするとの事。また、ログインが成功すれば今後はTouch IDやFace IDで簡単にログインできるようになるそうです。

※ もし、メールアドレスが必要な場合でもAppleが自動でランダムに並べたメールアドレスを作ってくれるそうです。もう我々人間は、AppleとGoogleに依存して生きていく日も近そうです。

 

写真はもう編集するのが当たり前?

「写真」のアプリから簡単に細かく編集できるようにいくつか機能が追加されます。

 

 

スポンサーリンク
AppleiPhone
スポンサーリンク
シェアする
TYTBLOG.com