「Hey Siri」で反応しない時に意外と引っかかる罠とは【カバー】

iPhoneには「Siri」というのがありますよね。

 

色々便利な機能があり、自分もよく「Siri」を使っています。

お昼寝をする時なんかにも「20分経ったら起こして」と言ったらちゃんと20分後にアラームを鳴らしてくれます。

 

そんなSiriは、わざわざスマホを触らなくても「Hey!Siri」と呼びかけるだけで勝手に起動して「なんやねん」と応えてくれるわけですよ。かわいいやつです。

 

しかし、「Hey!Siri」で反応しないスマホもあるようで・・・

 

スポンサーリンク

手帳型のケースを付けている人は反応しない

ある日、「自分もHey!Siriで使えるようにしたーい」と言う人がいたので設定をしてあげました。

いざ、実際に使ってみるとSiriちゃんは反応しません。

 

おかしいと思って設定を見直してもおかしな所はありません。

そしてもう1度やってみてとスマホを渡して呼びかけてもらうとSiriは起動しました。

 

手帳型で画面にケースが被さっていると起動しない

何回かやって気付いたのですが、どうやら手帳型の人は閉じたまま「Hey!Siri」で起動させる事はできないようです。

 

基本的に手帳型の多くは、閉じている時は画面にケースが覆いかぶさっている状態ですよね。

この状態ですと、Siriちゃんは起動してくれません。意外とこれは引っかかる罠ですね。

 

Hey Siriが使えない状態

Appleの公式ホームページを確認すると、Siriが起動しない場合のケースが書いてあります。

 

以下の状況下では、「Hey Siri」は機能しません。

  • デバイスが画面を伏せて置いてある
  • iPhone や iPad のケースのカバーが閉じている
  • iPhone で低電力モードが有効になっている
  • iPhone 6 以前、大半の iPad、iPod touch が電源に接続されていない

Siri や「Hey Siri」が機能しない場合 - Apple

 

手帳型ケースを使っている人は、1番上の「デバイスが画面を伏せて置いてある」状態に該当する訳ですね。

 

まとめ|手帳型で「Hey Siri」は使えない

あれ?Hey Siriで起動しないと思ってこの記事にたどり着いた人は、1度手帳型のケースを開いたまま使ってみてください。それでも起動しない場合は、正しく設定ができていない可能性もあります。

 

Hey Siriで起動する設定方法

  • 「設定」のアプリをタップ
  • 「Siriと検索」をタップ
  • 「Hey Siriを聞き取る」にチェック
  • 「ロック中にSiriを許可」にチェック

 

※ Siriの便利な機能まとめ

 

スポンサーリンク
AppleiPhone
スポンサーリンク
シェアする
TYTBLOG.com