iPad Air(第4世代)をレビュー | 価格・スペック・機能を考えれば最強タブレット

iPad Air(第4世代)をレビュー
  • iPadどれ買おうかな?
  • iPad Airのレビューを見たい!
  • iPad Airの良さを教えてよ

iPadのモデルは全部で4種類ありますが、その中で僕がおすすめするのは「iPad Air」です。

特に今回紹介する「iPad Air(第4世代)」がおすすめです。

iPad Air(第4世代)をおすすめする理由を先にざっくりと解説すると以下の4つ。

  • 価格がちょうど良い
  • 画面のサイズが約11インチ
  • スペックが低すぎず高すぎず
  • 購入後にやりたいことが見つかっても基本対応できる
  • Apple Pencilの第2世代に対応

この記事ではiPad Airの購入を検討している方に向けて、2020年に発売された「iPad Air(第4世代)」のレビューを書いていきます。

僕はこのiPad Airをメインタブレットとして使っています

タップできる目次

iPad Air(第4世代)の概要

iPad Air(第4世代)の概要
価格69,080円〜
容量64GB・256GB
ディスプレイ10.9インチ
チップA14 Bionic
認証方法指紋
Apple Pencil第2世代対応
Apple(アップル)
¥69,080 (2021/12/06 04:32時点 | Amazon調べ)

デザインがiPad Proのようになった

デザインがiPad Proのようになった

第3世代まではホームボタンが採用されていましたが、第4世代からはホームボタンが廃止されフルスクリーンに変更。

iPad Proとほぼ変わらないデザインになりました。

フルスクリーンになったことでディスプレイのサイズも第3世代から0.4インチ大きくなり、10.9インチになっています。

フルスクリーンのiPadはかっけーっす!

A14 Bionicチップ搭載

A14 Bionicチップ搭載

2020年に登場したiPhone 12シリーズにも搭載されている「A14 Bionicチップ」を搭載しています。

第3世代のiPad Airよりも大幅にアップグレードされており、よほど重たい作業をしない限り十分なスペックでしょう。

ちなみに2021年発売の無印のiPad(第9世代)ですら1つ前のA13 Bionicチップを搭載しているくらいです

電源ボタンにTouch IDを搭載

電源ボタンにTouch IDを搭載

iPad本体の上に電源ボタンが付いており、ボタン自体にTouch IDが搭載されています。

指紋認証を使ってロックを解除するときなどはボタンに指を当てれば読み取ることができます。

何本か指紋を登録しておけば、iPadを縦向きや横向きで使っているときもスムーズにロックを解除することができます。

僕は右手人差し指と左手人差し指を登録しています

画面がフルスクリーンになったことで「Face ID」が搭載されるかと思いきや、ボタンに指紋認証の機能を付けてくれたのは個人的には有り難い。外出先で顔を出す必要がなく指で解除できるのはとても便利。

Apple Pencil(第2世代)に対応

Apple Pencil(第2世代)に対応

Apple Pencilのファンとしては第2世代に対応したのは嬉しい。

文字を書いたりイラストを描いたりしたい場合、Apple純正のタッチペン(Apple Pencil)を使おうとする人も多いと思いますが、Apple Pencilにも第1世代・第2世代と2種類のモデルがあります。

後ほど実物をお見せしますが、ペンの機能としては第2世代の方が優秀です。

Apple Pencil最高ー!

第4世代と第3世代の違い

iPad Airの第4世代と第3世代の違いをざっくりとまとめてみました。

第4世代第3世代
ディスプレイ10.9インチ
Liquid Retina
10.5インチ
Retina
カメラ12MP広角カメラ8MP広角カメラ
チップA14A12
ホームボタンなしあり
コネクタUSB-CLightning
Apple Pencil第2世代第1世代

iPad Air(第4世代)のレビュー

iPad Air(第4世代)のレビュー

iPad AIr(第4世代)を使ってみて感じたポイントを4つ紹介。

画面のサイズが大きくて見やすい

画面のサイズが大きくて見やすい
画面が汚くて申し訳ない

10.9インチのディスプレイということもあり、とても大きい。

iPadにはアプリを同時に2つ起動させて動かす機能がありますが、横向きにすれば余裕で動かすことができます。

画面のサイズが大きいということは見やすいだけではなく作業効率も非常に良くなります。

動画を視聴するとこんな感じ

iPad Airで動画を視聴
上:iPad Air 下:iPhone 12 mini

比較対象としてiPhone 12 miniを下に置いています。

iPhone 12 miniのディスプレイサイズは5.4インチですが、動画を横向きで視聴する場合は両サイドに黒帯が入るため、実質4.7インチと変わらないサイズで再生されています。ちなみに4.7インチはiPhone SE2や8と同じ。

これだけ大画面で動画を楽しむことができるのでYouTubeはもちろん、映画やドラマなどを楽しみたいという人にもおすすめできます。

約11インチと持ち運びにもちょうど良いサイズということを考えると、移動中や外出先などでも気軽に持ち運びできて動画を視聴することができます。

電子書籍で漫画を読むとこんな感じ

iPad Airで漫画を読む
キングダム 1巻

電子書籍で漫画を読む場合はこんな感じになります。

画面のサイズが大きいので横向きにして見開きにしてもセリフの文字をスラスラと読むことが可能です。

漫画のセリフは文字のサイズが小さいため、画面のサイズによっては読みにくかったり拡大する必要がありますが、iPad Air(第4世代)なら縦画面はもちろん横画面にしても問題なく読めるのがおすすめポイント。

ちなみに僕は「Kindle Paperwhite」というKindle端末も持っていますが、漫画を読む場合はこちらのiPadを使用しています。

イラストを描きたい人にもおすすめ

今まではiPadでイラストを描きたい場合選択肢としてほぼ「iPad Pro」一択という状況でした。

しかし、iPar Air(第4世代)でも問題なくイラストを描くことができます。

iPad Proと比較すると劣る部分はありますが、イラストを描くくらいでしたらiPad Airで十分です。

リフレッシュレートについて

注意点としてリフレッシュレートに違いがあります。

iPad Air60Hz
iPad Pro120Hz

これは1秒間に何回画面が更新されるのかを表した数値になります。

iPad Airは1秒間に60回画面が更新されるのに対してiPad Proは120回画面が更新されます。

これがどういった違いを生むのかというと、画面上で素早い動きをした場合でも滑らかに動く(ついてくる)ことができるかどうかということ。

iPad Proは1秒間に120回画面が更新されるので、素早い動きをしても滑らかに表現することができます。

逆にiPad Airは半分の60回なので、素早い動きに対してやや遅延が発生する可能性があります。

実際に比較した動画がありましたので下に貼っておきますね。

上の動画はタッチペンで素早く線を引いた場合にどれくらい遅延が起きるのか?を紹介した動画になります。

もちろん120HzのiPad Proの方が優秀なのですが、実際に肉眼で見た時に違いがわかるのかというとほぼわかりません。上の動画でもスローモーションにして違いがわかる程度ですので、そこまで気にする必要はありません。

1秒間に60回画面が更新されているという時点で肉眼では判別するのは不可だと思います

Apple Pencil(第2世代)を使えるのが嬉しい

iPad AirでApple Pencilが使える

個人的に嬉しいのが「Apple Pencil(第2世代)」に対応したこと。

第2世代のApple Pencilの機能としてiPadの側面に磁石でピタッとくっつけることができるようになり、持ち運びをするときにとても便利。また、くっつけている間に勝手にペンの充電もしてくれるという素晴らしい機能付き。

iPadをノートとして使いたい人やイラストを描くデバイスとして使いたい人にとっては、Apple Pencilの第2世代をiPad AIrでも使えるようになったことは選択の幅が広がるので嬉しいのではないでしょうか。

色はスカイブルーだけど・・・

僕が購入したiPadのカラーは新色の「スカイブルー」です。

が、画像を見て頂ければわかるとおり光の加減によってはシルバーにも見えます。

美しい青色に期待して購入すると少しガッカリするかもしれません。

個人的には新色という理由だけで興味本位でスカイブルーを選んだのですが、青色というよりシルバーに近い大人っぽい色だったので嬉しい。本当はシルバーが良かったのですがスカイブルーの方が自分好みの色でした。

僕は初めて開封したときにスカイブルーなのに間違えてシルバー入ってるじゃんと思って少し焦りました

iPad Air(第4世代)を購入すべき人

  • iPad Proは高いと感じている人
  • iPadの長期利用(5年くらい)を考えている人
  • ノートとして使ったりイラストを描きたい人
  • 電子書籍で漫画も読みたい人

iPad Air(第4世代)の魅力は初めてiPadを購入するという初心者の方から上級者の方まで幅広くニーズに対応できる端末であるということです。

iPadを購入して使い慣れてきてから「あれがやりたい」「これがやりたい」と思いついたときにある程度実現可能なスペックを持っているため、扱いやすいモデルなのは間違いありません。

僕はiPadの中で最も優秀なモデルだと思います

Apple(アップル)
¥69,080 (2021/12/06 04:32時点 | Amazon調べ)
おすすめ記事

iPadの選び方についてはこちらの記事(【初心者向け】iPadの選び方と特徴を比較してわかりやすく解説【モデル別】)をぜひご覧ください。

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる