【初心者向け】iPadの選び方と特徴を比較してわかりやすく解説【モデル別】

iPadの選び方

こちらは、iPadを購入しようとしている方向けに書いた記事となります。

  • iPadを買おうと思っている
  • 沢山種類がありすぎてどれ買えば良いかわからない
  • それぞれのモデルの特徴を知りたい!

iPadを買おうとしたときに沢山種類があってどれを買えば良いのか迷ってしまいますよね。

この記事では初めてiPadを購入する人に向けてモデル別に紹介し、最後はそれぞれのモデルの比較をしてまとめていきます

iPadが大好きな僕がわかりやすく解説していきます

目次

iPadには4種類のモデルがある

iPadには4種類のモデルがある
  • iPad
  • iPad Air
  • iPad Pro
  • iPad mini

iPadには4種類のモデルがあり、それぞれのモデルで定期的に新型iPadが登場します。

モデルによって毎年のように新型が発売されるものもあれば、不定期に新型が登場するものもあるので、いつ新型が登場するかは予測が難しくiPhoneのように決まった時期に発売されるものではありません。

モデルによって価格・サイズ・性能が異なる

iPadのモデルにはそれぞれ特徴があり、モデルによって価格や本体のサイズ、そして性能が異なります。

極端な話、iPadで映画やドラマ、ゲームを楽しみたいという人もいれば、パソコンのように画像や動画編集などに使いたいという人もいますよね。そういった目的によって購入するiPadのモデルを決める必要があるわけです。

「iPadは4つもモデルがあってややこしい!」と思うかもしれませんが、逆に言えば目的に合わせて4種類のモデルを用意しているという意味にもなりますので、自分の使い方に合わせて選ぶことができます。

iPadそれぞれのモデルの特徴

先に結論としてそれぞれのモデルの特徴をざっくりとまとめるとこんな感じになります。

iPad価格が安く最も手の出しやすいモデル
iPad Air価格と性能両方の面でバランスの取れたモデル
iPad Pro パソコンにも負けず劣らずの超高性能モデル
iPad mini持ち運びに適した小型のモデル

価格が安く最も手の出しやすい「iPad」

iPad

iPadのモデルの中で「iPad ○○」と付かないモデルになります。いわゆるスタンダードモデル

  • 新型iPad(第9世代)は約4万円で購入が可能
  • 唯一新型iPadの中でホームボタンを搭載している

iPadで基本的なアプリやゲームを遊びたいという人向けのタブレットになります。

スマホの延長線のような使い方を考えている人であればこちらのiPadで十分です。

Apple(アップル)
¥39,800 (2021/09/26 03:50時点 | Amazon調べ)

価格と性能両方のバランスが取れたモデル「iPad Air」

iPad Air

価格と性能両方の面でバランスの取れたモデルがこちらの「iPad Air」になります。

  • 新型iPad Air(第4世代)は約7万円で購入が可能
  • ベゼルレスデザインを採用
  • トップボタン(電源ボタン)にTouch ID搭載

iPadでちょっとしたイラストを描いたり、ちょっとした作業をしたい人向けのタブレット。

パソコン並の性能は求めていないけどある程度の作業は快適にしたいという層にピッタリです。

Apple(アップル)
¥69,080 (2021/10/03 00:26時点 | Amazon調べ)

パソコンにも負けず劣らずのモデル「iPad Pro」

iPad Pro

Appleがタブレット型のパソコンとして用意したモデルがこちらの「iPad Pro」になります。

  • 新型iPad Pro(第3世代)は約10万円で購入が可能
  • ベゼルレスデザインを採用
  • Face ID搭載

イラストを描く人や動画編集など重たい作業をやりたい人向けのタブレットとなります。

パソコンにも負けず劣らず・・・とは言っても「パソコンの代わりになるのか?」と言われると微妙です。

パソコンにはパソコンの強みがあるので、iPad Pro1台でパソコンの役割も担えるというわけではありませんが、パソコンを購入するほどではないけどスペック重視のタブレットが欲しい人はこちらがおすすめ。

Apple(アップル)
¥129,800 (2021/10/03 00:39時点 | Amazon調べ)

持ち運びにも適した小型モデル「iPad mini」

iPad mini

スマホより大きく、タブレットより小さく持ち運びに適した小型モデルがこちら「iPad mini」。

  • 新型iPad mini(第6世代)は約6万円で購入が可能
  • ベゼルレスデザインを採用
  • トップボタン(電源ボタン)にTouch ID搭載

小さいタブレットが欲しいのであれば「iPad mini」は最強の味方となります。

2021年に発売された新型ではスペックは妥協せずサイズは小さく、価格も抑えたモデルとなっているのでおすすめ。

Apple(アップル)
¥77,800 (2021/11/23 13:39時点 | Amazon調べ)

【2021】新型iPadのモデルを比較

スクロールできます
モデル

iPad
iPad Air
iPad Air
iPad Pro
iPad Pro
iPad mini
iPad mini
世代第9世代第4世代第3世代 / 第5世代第6世代
価格約4万円~約7万円~約10万 / 13万円~約6万円~
容量64・256 GB64・256 GB128・256・512 GB
1・2 TB
64・256 GB
ディスプレイ10.2インチ10.9インチ11 / 12.9インチ8.3インチ
フルラミネーション非対応対応対応対応
チップA13A14M1A15
コネクタLightningUSB-CUSB-CUSB-C
Apple Pencil第1世代第2世代第2世代第2世代
2021年時点のモデル別新型iPad

フルラミネーションディスプレイ

iPadのディスプレイはガラスと液晶が2層になっており、ペンで線を引くと視差(ズレ)が発生します。

イメージとしてはペン先から線が出ていないように見えます。

フルラミネーションディスプレイに対応したiPadは、ガラスと液晶が一体型になっているのでペンで線を引いたときにペン先からしっかりと線が出ているように見えます。

細かい文字を書いたり、イラストを描く人はフルラミネーションディスプレイに対応したiPadを好む人が多いです

LightningとUSB-C

iPad以外のモデルは全て新型でLightningからUSB-Cへ移行しました。

スタンダードモデルのiPadのみLightningコネクタを引き続き採用しています。

Lightningは「iPhone」に使われているコネクタです

Apple Pencil

Apple純正のタッチペン「Apple Pencil」には、第1世代と第2世代の2種類あります。

第1世代から改良が加えられたのが第2世代になっているのですが、世代によって対応しているiPadの機種が異なります。

Apple Pencilを使いたい人は対応機種に注意してくださいね

どのiPadを買えば良い?おすすめをタイプ別に紹介

最後に「このiPadは、こういった人におすすめ」というのをタイプ別に紹介していきます。

どのiPadを購入しよう?と悩んでいる方に少しでも参考になれば幸いです。

iPad(第9世代)がおすすめな人

  • アプリやゲームを大画面で楽しみたい
  • 映画やドラマ、YouTubeを大画面で楽しみたい
  • 特に使う用途は決まっていないけどタブレットが欲しい

THE・タブレットという感じのモデルですので誰でも手にしやすく、タブレットデビューする人にもおすすめです

Apple(アップル)
¥39,800 (2021/09/26 03:50時点 | Amazon調べ)

iPad Air(第4世代)がおすすめな人

  • イラストを描いたり、ノートとして勉強に使いたい
  • Apple Pencil 第2世代を使いたい
  • なるべく妥協はせず、でも安くタブレットを購入したい

第4世代からApple Pencil 第2世代にも対応したので、iPad Proは高すぎる・・・という人はAirを買っておけば間違いなしです

Apple(アップル)
¥69,080 (2021/10/03 00:26時点 | Amazon調べ)

iPad Pro(第3・5世代)がおすすめな人

  • パソコン並の性能をタブレットに求めている
  • どんな重たいアプリでもサクサク使いたい
  • 予算に余裕がある

iPad Proを買っておけば後から「あれがやりたかった!」というときにも対応できますね。予算に余裕がある人はぜひどうぞ

Apple(アップル)
¥129,800 (2021/10/03 00:39時点 | Amazon調べ)

iPad mini(第6世代)がおすすめな人

  • サッと取り出せるサイズ感を求めている
  • 小さいからと言ってスペックは妥協したくない
  • タブレットというより大きいスマホサイズが良い

サイズ的にもクセがあるので好き嫌いがハッキリ分かれるモデルだと思います。片手で持てるサイズなのでどこでも使いやすいのは嬉しい

まとめ

  • 動画を見たり娯楽として楽しみたい人 → iPad
  • コスパ重視だけどスペックも求める人 → iPad Air
  • パソコン並のスペックを求める人 → iPad Pro
  • 持ち運びのサイズにこだわる人 → iPad mini

ストレージ(保存)容量について

iPadはモデルとは別にストレージ(保存)容量も選ぶ必要があります。

ストレージ容量が大きければ大きいほどiPad内に保存できる容量も増えます。

おすすめは「64GB」ですが、型落ちモデルを購入するのであれば「32GB」でも十分かもしれません。

詳しくは下の記事をご覧ください。

Wi-FiモデルとCellularモデルについて

iPadには「Wi-Fiモデル」「Cellularモデル」というものがあります。

基本的にWi-Fiモデルを購入すればOKですが、違いを知りたいという方はこちらの記事をどうぞ。

コメント

コメントする

目次
閉じる