2019年の新型iPhoneを購入するより2020年まで待った方が良い理由

2019年に発売する新型iPhoneは、購入すべきか?

それとも2020年に発売されるであろう新型iPhoneまで待つべきか?

 

個人的な予想としては、Appleとしては力を入れたいのは2020年の方でしょう。

なので特別な理由がない限り待った方が良いと思います。

「やっぱり5Gが関係している?」と気にする人もいると思いますが、それもあります。ただ、5Gの為だけにiPhoneを購入せず待つというのであれば、別にそこまでする必要はないのかなと思います。おそらく5Gが普及するのはもう少し先なので。
スポンサーリンク

2019年の新型iPhoneは、購入しなくても良い理由【予想】

Apple的には、2019年に発売するiPhoneはあくまで2020年への繋ぎであり、2019年に出すiPhoneにはそこまで力を入れていないのでは?という予想です。

 

  • 2020年に5Gがスタート
  • 2019年に発売するiPhoneは5Gに未対応?
  • 2020年が勝負か

 

2019年に発売するiPhoneは、5Gに未対応の可能性が高いです。

そして2020年には5Gがスタートするので、Appleとしては2020年が勝負でしょう。

 

5Gに対応していない = ユーザーから敬遠される?

5Gがスタートして5Gが当たり前になれば、5Gに対応しているスマホを購入するユーザーは徐々に増えてくるはずです。

なので、来年には5Gがスタートするという事が分かっている現時点で、2019年がもう終わりそうな秋に5Gに未対応のスマホを発売した所で売れる可能性は低いので、Appleとしても2019年の新型に力を入れた所であまり意味はないでしょう。

 

5Gは2020年にスタートしてもすぐに全員が使える訳ではなく徐々に広がっていく感じになると思います。また、携帯会社のプランなどはどうなるのか?そもそも5Gを一般の人が必須になるのはもう少し先の時代なのでは?という部分もあります。

※ なので、例え5Gが未対応だとしても2019年の新型iPhoneを絶対に購入するな!という訳ではありませんが、もし買い換えるなら1つ世代が古い型落ちiPhoneが良いかもしれません。

 

Appleは、2020年が勝負?iPhoneが大きく変化する?

2020年のiPhoneは、指紋センサーが画面に埋め込まれる可能性

個人的には「顔認証」よりも「指紋認証が最強」と思っている派です。

そしてAppleも「指紋認証」を1度はiPhoneから切り捨てましたが、復活させる可能性があり、2020年のiPhoneでは画面に指紋センサーが埋め込まれるかもしれません。

すでにAndroidでは実装しているところもあるので、iPhoneにも実装される日は近いか。

 

iPhoneがミドルレンジスマホ界にやってくる可能性は高いはず

Appleは、ハイエンドモデルのiPhoneしかありません。

端末代が高くてスペックも充分なスマホで戦っていますよね。

 

しかし、iPhone一強だった日本でもAndroidがシェア率で逆転するなどAndroidのスマホは勢力を拡大しています。その理由としては、ミドルレンジモデルの質が上がってきた事でしょう。「安かろう悪かろう」から「安くても充分すぎる」に変わってきました。

「GooglePixel」や「HUAWEI」などがお手頃な価格で充分なスペックを積んだスマホを登場させた事で、中価格帯をAndroidが独占しています。Androidと違ってAppleは、iOSを自分たちだけで抱えているので、自分たちが動かなければここを崩す事ができません。

 

また、追い打ちをかけるように日本では優遇されてきたiPhoneがとうとう価格で勝負する必要が出てきました。分離プランによって端末代の割引が減った事はもちろん、秋からはルールが型落ちしたiPhoneにも割引に上限が設けられます。

簡単に説明すると「携帯会社は、Androidは型落ちしたモデルは安くユーザーに提供できるようになりますが、iPhoneは型落ちした場合でも新型として扱われるので安く提供できない」という事です。

 

Appleが、ミドルレンジモデルのiPhoneを登場させて激戦区にもなりつつある中価格帯のスマホ界にやってくる日も近いと予想。「無駄な機能いらないから安くしてくれや」という人も多いと思うので、Appleが頑張ってくれる事を祈りましょう。

 

2019年ではなく、2020年の新型iPhoneを待った方が良い理由をまとめ

  • 5Gに対応している
  • 画面で指紋認証が可能なiPhone
  • ミドルレンジモデルでシェア率拡大を狙う

全て可能性の話であり、2020年に必ず実現するとは限りません。

 

個人的には「画面の指紋認証に関してはどこまでAppleは本気なのかな?」という感じです。5Gに対応についてはほぼ100%実現するでしょう。2020年の新型iPhoneでも5Gに対応していませんは、流石にないです。

 

ミドルレンジモデルでシェア率拡大を目指す・・・はず

そして「ミドルレンジモデルのiPhone」に関しては、2020年に登場させる可能性はめちゃくちゃ高いと思います。むしろAppleがミドルレンジ市場を見て見ぬフリをするとは思えません。

 

カメラのレンズが3つ4つになっても、自分は別にそこまでスマホにカメラの性能を求めていないのでレンズ1個でスペックも充分な安いiPhoneが登場したら嬉しいですね。

 

※ 「Google Pixel 3a」だってシングルレンズで約5万という価格なのに、カメラの性能はiPhone顔負けどころか勝っている部分もあったりするんですけどね。あれはAIが凄いんですけども。