iPhoneのバッテリー交換のタイミングは?買い替えも考えるならココを確認

「iPhoneのバッテリーの減りが早い気がする。これはもうバッテリーがダメかもしれない・・・。バッテリー交換しようかな。いや、iPhoneを買い換えた方が良いのかな?」という人向けに書いた記事となります。

 

iPhoneのバッテリーの状態の確認方法

「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」→「最大容量 ○○%」

 

最大容量は、バッテリーが最新の状態ですと100%になっています。

ここからiPhoneの使用頻度や日数によって徐々に劣化していき、最大容量の数字も下がっていきます。

 

スポンサーリンク

iPhoneのバッテリー交換の目安は70%後半

iPhoneのバッテリーの減りの速さに気付くのは、だいたい80%台だと思います。

80%前半くらいでバッテリー交換をしてもいいですが、「まだいける」という自信があればもう少し頑張るのも1つの手です。

 

70%台に突入するともうだいぶ劣化しています。

おそらくiPhoneが使い物にならない!というレベルに近いでしょう。

70%台の人はiPhoneのバッテリー交換をおすすめします。

 

バッテリー交換かiPhoneを新しく購入すべきか

バッテリー交換かどうか悩む時期は、おそらくiPhoneを購入してから2年が過ぎていると思います。すると「バッテリー交換すべき?いや、新しいiPhoneを購入すべきか」と悩むでしょう。

 

今使っているiPhoneに不満がないのであればバッテリー交換で良いでしょう。

※ バッテリー交換自体は基本的に5,000円から高くても1万円以内iPhoneの機種や交換してもらうお店によってバラバラ)なので、もちろん新しくiPhoneを購入するよりも安く済みます。

 

iOSのサポート対象を目安に考える事をおすすめします

iPhoneを使っているとiOSのアップデートがありますよね。

基本的に1年経過する毎にiOSのバージョンは1つ数字が上がっていきます。

 

そして2019年の秋に配信されるであろうiOS 13ですが、このバージョンアップでiPhone 5Sと6のサポートが終了となりました。iOS 13のサポート対象のiPhoneはこちら。

  • iPhone XS / iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8 / Plus
  • iPhone 7 / Plus
  • iPhone 6S / Plus
  • iPhone SE

サポートが終了と同時にiPhoneが使えなくなるという訳ではありませんが、できればサポート対象のiPhoneを追いかけるように使っていきたいところです。

 

iPhone 6Sのユーザーは買い替えを考えても良いかもしれない

なので順番的には、来年のiOS 14でiPhone 6Sがサポート終了の危険性があります。

 

今、iPhone 6Sを使っていてバッテリー交換を考えているのであれば新しいiPhoneに買い換えるというのも良いかもしれません。

 

※ iPhone SEのユーザーの場合はおそらく小型iPhoneだから使っているという人だと思うので、SEの後継機種が登場するのを祈り続けましょう。

 

スポンサーリンク
AppleiPhone
スポンサーリンク
シェアする
TYTBLOG.com