噂のままでは終われない「iPhone SE2」【2020年春】

定期的に「iPhone SE2」や「iPhone XE」など安くて小型iPhoneの噂が流れては、噂のまま消えていくことを繰り返してきましたが、今回は割とあり得る話だと思います。

 

日本経済新聞は、「2020年春」に価格を抑えたiPhoneが発売すると報じています。

米アップルはスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の価格を抑えた新製品を2020年春にも発売することが4日、明らかになった。有機ELよりも安価な液晶パネルを使い、最新機種より画面を小さくする。

日本経済新聞

 

流石に今回は、ガチだと思っています。

Apple的にもこのまま価格が上がっていくiPhoneだけでは戦えないはずなので。

 

スポンサーリンク

廉価版iPhone(SE2)が噂のままで終わらないと思う理由

今回は流石に噂のままでは終わらない。

いや、終われない理由があります。

 

Appleは、ハイエンドモデルしか抱えていない

Appleのスマホ製品を見てみると、どれも価格が高く高級品です。当然海外のシェア率を見てみればAndroidが圧勝しています。

逆に日本では、iPhoneがキャリアから優遇されて販売されてきたので安く端末を購入することができていました。詳しくはこちら「【割引上限】iPhone大国の日本でユーザーはどうする【高級品へ】」をどうぞ。

 

ミッドレンジスマホが熱い

3万円〜6万円台あたりのお手頃な価格で、そこそこのスペックのスマホ(いわゆるコスパの良いスマホ)の人気が高く、現在はAndroidが独占状態です。

 

特に「華為(ファーウェイ)」は、このあたりを上手く攻めていて強いですね。

 

Appleとしては、どんどん価格が高くなっていくiPhoneでこの価格帯と戦うことができません。指を加えて見ているだけの状態をどうにかしたいはずです。

 

「Samsung(サムスン)」もミッドレンジのスマホに力を入れているのでこの辺に対抗できる価格のiPhoneをAppleとしては、ぶつけたいはずです。

 

5G対応のスマホに注目

5Gがスタートし、ある程度普及すれば5Gに対応したスマホの需要が高まります。

 

高級スマホだけで戦うよりも、価格を抑えたお手頃な5Gに対応したiPhoneをぶつけてユーザーを獲得したいところ。

 

日本でもiPhoneは、逆風へ

iPhone大好き日本でも、法改正によって2019年10月から端末代の割引に制限が入り、型落ちiPhoneも安くならないという状況になります。

 

日本でもiPhoneは、高級品として扱われるようになる為、気軽に購入することはできなくなります。

 

個人的には、キャリアで規制が入るだけなので家電量販店でSIMフリーのiPhoneを売ってくれるようになれば、ある程度割引されて安く購入できるチャンスもあるかなーとは思っています。

 

廉価版iPhoneは、どんな感じだろうと予想

2020年春 → 5Gに対応か

日本経済新聞で報じた内容では「2020年春」に発売と書かれています。例年通りであれば、iPhoneは9月に発売するものなので時期としては、通常とは異なります。

 

もしこれが事実であれば、5Gに対応している可能性は高いと思います。

 

2019年9月に新型iPhoneの発表が行われて、3モデルか4モデル並び、その内1台は5Gに対応していて、2020年春に発売というケースもあるのかなと思ったりしています。

 

気になる廉価版iPhoneのサイズ

今までに出てきた噂をピックアップしてまとめてみます。

  • iPhone SEのサイズで全面ディスプレイ
  • iPhone 8のサイズで全面ディスプレイ
  • iPhone 8のサイズでホームボタンあり

上2つは「Face ID(顔認証)」で、下は「Touch ID(指紋認証)」となります。

 

価格を抑えるという意味では、「Face ID」を採用するのは難しいと言われているので「Touch ID」の方が可能性としては高いのかなと思っています。

画面に指紋センサーを埋め込んで、画面上で指紋認証が可能になればFace IDを廃止できるので、価格を抑えられるかも?しれないと言われていますが、品質の高い「画面での指紋認証」はまだ難しそうです。

 

価格は、3万〜5万円くらいかなと思っています

1万〜3万円のスマホを売っているファーウェイと価格で競うのは難しそうなので、ファーウェイのスマホよりちょっと高いくらいかなと予想。