【iPhone11】イエローの外観を簡単にレビュー【美しい】

2019年の新型iPhone 11シリーズの「iPhone 11」を貸していただいたので外観をチェックしていきます。カメラの性能などについては、他のサイトやSNSで簡単に確認できると思うので単純に外観や感想を。

 

「iPhone 11の色はイエローにしようと思っているんだけど、どうかな?」という人にも参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

コスパ最強のiPhone 11:イエローの外観

色はイエローですけど明るさによって変化します

明るさや光の加減によって白に近い黄色からライムグリーンに近い色になったり普通の黄色になったりと変化します。個人的には黄色は好きな色なので最高です。

 

カメラのレンズは、そこまで気にならない

思っていたよりも気にならないですね。

これが美しいかと聞かれると微妙ですが、結局は背面なのでそこまで目にする機会はないかなと思います。

 

レンズの周りには少し透明な四角で囲われています。触り心地は硬いシリコンという感じでしょうか。ぷにぷにしている訳ではありません。

 

横から見たときのレンズの出っ張り具合はこんな感じです。

カバーを付ける人がほとんどだと思うので神経質になる必要はないかなと思います。

 

音量ボタンのところは、こんな感じです

背面はガラスの素材ですが側面は違います。

見た目は、iPhone 8と同じ感じですね。

 

画面を操作している時に目に入る側面の黄色が美しい

画面を操作している時に目に入る側面の黄色がたまりませんね。

黄色が好きだからというのもありますが、黄色はワクワクさせてくれる色ですね。

 

iPhone 8ユーザーがiPhone 11を持った感想

なんだかんだ結局メインでiPhone 8を使っているのですが、そんなiPhone 8ユーザー目線でのiPhone 11を持った感想です。

 

重い!・・・けど慣れますね

148gのiPhone 8を負担使っているので、194gのiPhone 11を持つとやっぱり重さを感じます。これは慣れるので別に困る事はないですが、やっぱり年々iPhoneが重くなってきている事を実感。

 

iPhone XSが174gでiPhone XRが194gなので重さ的にはiPhone XRと同じです。

 

画面のサイズが大きい!けどやっぱ魅力的

「iPhoneでっか〜」と思うわけですが、やっぱり画面が大きいというのは魅力的ですね。ゲームアプリや動画を見るのにも最高ですし、Kindleで読書をするので画面が大きいのは有り難い。

 

あげると言われたらもちろん欲しい

5Gには確かに対応していない。でも約7万でなかなかのスペックを積んだコスパ最強のiPhone 11です。それはそれは素晴らしいiPhoneなのには間違いなしです。

 

「なぜiPhone 11を買わないの?」と聞かれると、個人的には2020年のiPhoneを期待しているのでそこで購入したいなという感じな訳です。

 

もちろん、「あっ、iPhone 11使わないからあげるよ」と言われれば泣きながらSIMカードを入れ替えて使わせて頂きたいほど。 特にこのイエローは美しい。

 

iPhone 11には「イエロー」、iPhone 11 Proには「ミッドナイトグリーン」と僕の好きな色を採用したAppleはセンスありますね。ぜひ2020年もお願いします。