新型iPhoneの「XI」が完全にロケットランチャー【嘘であってくれ】

2019年の新型iPhoneは、現時点で「iPhone XI」と呼ばれており色々とリーク情報などで、いつも通り盛り上がっております。そして毎度お馴染みのまだ新型iPhoneが発表されていないにも関わらず、すでにケースが作られて販売されています。

 

海外ではこういった事がよくありますが、日本のAmazonでもすでに売られています。

購入する人は・・・いるのだろうか。

 

そんなiPhone XIですが、リーク情報によればカメラのレンズが3つや4つになると言う。

 

スポンサーリンク

iPhone XIのカメラの部分が完全にロケットランチャー

これまた新型iPhoneのリーク情報でお馴染みのben geskinさんのツイートがこちら。

 

 

ちょいちょい「新型iPhoneは、カメラのレンズが3つや4つになるぜ!」みたいな海外の情報や動画を見てきました。それを見る度に「ぷぷぷw流石にAppleはこんな事せんやろ・・・しないよな?」と思っていたのですが、やはりApple的はカメラに力を入れているのでしょうか。

個人的には、カメラの性能より画面で指紋認証できるやつに力を入れてほしいのだが

 

どう見てもロケットランチャーにしか見えない

ゲームの「バイオハザード」を遊んできた自分からすると、背面のカメラが完全にロケットランチャーにしか見えません。バイオハザード3に出てくるロケットランチャーがまさにこれです。

 

 

もし、カメラのレンズが3つで採用されればいずれはカメラのレンズは4つになるはず。

「iPhone RL(Rocket・Launcher)」の登場も近いでしょう。

 

集合体恐怖症のゾクゾク

小さな穴型沢山集まっていたり、ブツブツがいっぱいあるようなモノを見るとゾクゾクします。

 

こういうのを「集合体恐怖症」というそうです。

自分は、ゾクゾクするけど見ちゃうタイプの集合体恐怖症。

 

カメラのレンズがたった3つでも、どこか集合体恐怖症のゾクゾク感を感じられます。

 

まだ慌てるような時間じゃない

「iPhone SE2」の件もそうですが、リーク情報は当たる時は当たるし当たらない時は全く当たりません。iPhone SE2の時だって先にケースが販売されて、結局端末の方は発売される事なく幻で終わりました。

 

なので、今回だってまだ分かりません。

どちらかと言えば、嘘であってほしい。

 

背面のカメラのレンズが飛び出たiPhoneが当たり前になり、次はレンズが3つ4つになるのが当たり前になる世界がやってくるんですかね。いや〜どうなるんでしょう。