乗り換え前に知っておきたい格安SIMだと「できなくなること」について

格安SIMへ乗り換える前に知っておきたい、「格安SIMだとできなくなる事」を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

格安SIMにしたらできなくなる事

キャリアのメールアドレスが使えなくなります

ドコモやau、ソフトバンクといったキャリアで契約をしていた場合、そのキャリアのメールアドレスが貰えましたよね。「@docomo」や「@ezweb」など。

 

そういったアドレスは、格安SIMでは使えなくなります。

現在ドコモと契約をしており、格安SIMへ乗り換えをした場合でもドコモ回線を使うという人でも、キャリアのメールアドレスは失うので注意が必要です。

 

「LINE」が普及した事により、メールアドレスを使う機会は減ったと思いますが、それでもメールアドレスを持ちたいという場合は、Googleが提供するGmailなどを使う事をおすすめします。

 

キャリアのサービスを使うこともできなくなります

格安SIMで、auの回線を選んだからといってauが提供するサービスを受けることができる訳ではありません。

 

格安SIMへ乗り換えをする前に、キャリアのサービスで残っているポイントなどは使い切っておいた方が良いでしょう。

 

LINEの年齢認証ができなくなります = ID検索ができない

格安SIMに変更をするとLINEの年齢認証で引っかかってしまうので、ID検索などの機能を使うことができなくなります。特にそういった機能は使わないという人は大丈夫だと思いますが、よく使うという人は注意が必要です。

 

※ 格安SIMでも「LINEモバイル」の場合は、年齢認証を行うことができます。

 

最新スマホは自分で購入してくる事になる

大手キャリアでは、最新スマホを簡単に購入する事ができます。

しかし、格安SIMの会社で最新スマホが発売される事はほぼありません。

 

つまり、自分でスマホを調達してくる必要があります。

購入方法としては、そのスマホメーカーのお店に行ったりオンラインショップなどで簡単に購入する事ができます。最近ではAmazonでも購入できるのでその辺は難しく考える必要はありません。

 

少し前のスマホ、いわゆる型落ちしたスマホについては格安SIMの会社でも購入する事ができる事が多いです。その場合は分割などでも購入できます。

 

大手キャリアのような安定して速い通信速度は難しい

格安SIMは、大手キャリアの回線をレンタルしてユーザーに提供している形を取っています。

スマホを使うユーザーが多い時間帯などは、通信速度が遅くなることもあるでしょう。

【まとめ】格安SIMにしてもそこまで大きな制限はない

絶対に必要なアレができなくなる!みたいな事はありません。

 

スマホの端末代について

スマホの端末代についても、キャリアで購入する場合は実質負担額という言い方で安く購入できたように感じますが、実際は割引された分の端末代は少し高く設定されたプラン代に実質上乗せしている形でした。

 

そして、「分離プラン」がスタートした事によってプラン代は安くなりましたが端末代の値下げがなくなりましたよね。今後は、端末代は端末代として自分で全額支払うのが当たり前になっていくのかな?と思います。

 

つまり、端末代に関してはキャリアで購入しようが自分で購入しようが、払うお金に変わりはほぼなくなるでしょう。大きな違いとしてはキャリアを通して購入すれば分割払いに対応してくれるという所でしょうか。

 

スポンサーリンク
スマホ格安SIM
スポンサーリンク
シェアする
TYTBLOG.com