【Mac】USキーボードデビューをした際に行った設定【快適に使う為に】

無事、MacでUSキーボードデビューをしました。

購入したのはAppleの純正キーボードである「Apple Magic Keyboard - US」です。

 

ここでは、USキーボードデビューをする際に行った設定をまとめておきます。

USキーボードを使う際に行った設定の内容がこちら。

  • MacにUSキーである事を認識させる
  • 日本語・英語の入力切り替えをJISキーボードの時と同じようにする

 

スポンサーリンク

Mac側にUSキーである事を認識してもらう

使っているのはUSキーボードですが、Mac側ではJISキーボードとして認識してしまうので「@」などのキーの位置が異なってしまうという現象に。

 

Mac側でUSキーボードとして認識してもらうための設定方法

  1. 「システム環境設定」を開く
  2. 「キーボード」をクリック
  3. 「キーボードの種類を変更」をクリック
  4. 「キーボード設定アシスタント」が起動するので画面に従って進む
  5. 「ANSI(米国その他)」にチェックが入っていればそのまま「完了」をクリック

これでMac側にもUSキーボードとして認識されます。

 

試しに左上にある「@」を入力してみてください。

USキーボードであれば「shift」+「2」を押します。 無事「@」を入力することができれば成功です。入力されない場合は、もう1度試してみてください。

 

※  何回やっても認識してもらえない場合は、別のアプリが原因の可能性があります。

 

USキーボードでも簡単に日本語・英語の切替設定

JISキーであれば、Mac仕様の場合スペースキーの両サイドに「かな」「英数」のキーが用意されていたので簡単に切り替えることができましたが、USキーでは日本人向けに作られたキーではないのでありません。

 

そこでUSキーでも簡単に切り替えられるようにスペースキーの両サイドにある「Command」キーで切り替えるように設定しました。

 

commandキーを入力切り替えできるようにするための設定方法

  • Karabiner」というアプリをダウンロードします
  • 「Karabiner-Elements.app」を起動します

 

上のタブにある「Complex Modifications」をクリック。

「Rules」を選択して「Add rule」をクリック。


「Imprt more rules from the Internet」をクリック。

 

ブラウザが起動します。

起動したら「For Japanese(日本語環境向けの設定)を探して「Import」をクリック。

※ 「command」+「F」を押して「for」で検索するとすぐ見つかります。

 

「import」をクリックしたらこのようなポップが表示された場合は「開く」をクリックしてください。

 

「Karabiner-Elements」のアプリが起動すると、もう1度インポートするかの再確認が行われるので「import」をクリック。

 

「コマンドキーを単体で押した時に、英数・かなキーを送信する。」という機能を使いたいので、探して「Enable」をクリック。

 

これで左の「command」キーを押すと「英数」、右の「command」キーを押すと「日本語入力」をする事ができるようになります。

 

ショートカットキーとして「command」キーを押した場合もOK

コマンドキーに入力切替の機能を割り振ってしまう事で、スクショなどのショートカットとしてコマンドキーを使いたい場合は困るんじゃないの?と心配してしまいますが、安心してください。

 

ショートカットの際に使う時は、コマンドキーは押しっぱなしですよね。

押しっぱなしの時はショートカットとして、ポン!と押せば入力切替のキーとして認識してくれます。とても便利です。

 

まとめ:USキーボードで1番心配だったのが入力の切り替えでした

今まではJISキーボードにある「かな」「英数」で切り替えていましたが、USキーボードにはそのキーがないので不安でしたが、設定してみて使ってみたところとても快適。

 

切り替えの遅延もありませんし、JISキーボードの時と同じように切り替え作業を行うことができます。

USキーボードにしたいけど、入力の切り替えが不便そうだからやめておこうかな?という人にもおすすめできます。

 

スポンサーリンク
AppleMac
スポンサーリンク
シェアする
TYTBLOG.com