【MAC】USキーボードにして6ヶ月の感想|入力切り替え問題再び

MacのキーボードをJISキーボードからUSキーボードに変えて3ヶ月。

USキーボード自体には慣れましたが、やはり大きな問題点が。

 

そもそもなんでUSキーボードにしたかと言いますと。

  • 見た目がスッキリしていてシンプルで素晴らしい
  • ホームポジションが中央にくる

と、いった2つの理由です。特に深い意味はありません。

ただやっぱりキーボードはシンプルでスッキリしている方が良いですし、文字を入力している際もホームポジションを中央に取れるので素晴らしいと思います。

 

スポンサーリンク

USキーボードの大きな問題点は文字の入力切り替え

USキーボードはもちろん、日本人向けに作られている訳ではないので「日本語・英語」の切り替えをするボタンはありません。JISキーボードであれば、「かな」「英数」のボタンがあるので簡単に切り替えできますよね。

 

一応設定でUSキーボードでも切り替えが簡単にできる

USキーボードでも設定をしてあげることで、MacのJISキーボードの「かな」「英数」の位置と全く同じ位置に配置する事ができます。

 

※ 詳しい設定方法についてはこちらをどうぞ

 

この設定があるおかげで、「もうUSキーボードに弱点ないやん!最強やん!」と喜んで超快適にUSキーボードを使えていた訳ですが・・・

 

気付かないようにし続けていましたがやはり気付いてしまいました・・・

 

入力のスピードについてこいよ・・・置いていくぞ

自分は無駄に文字の入力スピードだけは速い。

先程の設定で「かな」「英数」は「Command」のキーに割り振られています。

 

Commandキーだけをポンと押せば入力が切り替わります。

ただし、文字を入力している流れでポンと押して次の文字を入力していると、文字によってはショートカットキーとして認識されてしまい、「ページ内の文字検索」「ブックマーク」「タブの終了」「新規タブ」などが起きてしまう。

 

普段は便利なショートカットキーも、文字を入力している時は邪魔でしかありません。

 

USキーボードからJISキーボードに戻そうか悩み中

結局入力の切り替えは「Command+スペース」に今はしています。

切り替えをする度に一瞬止まってしまい面倒くさいです。これも慣れたら気にならなくなるのだろうか。

 

ただUSキーボードのこのシンプルな感じは譲れない。中央に手が来る感じも素晴らしい。

うーん、どうしましょう。

 

日本で生活をしているならやっぱりJISキーボードかな

たまにJISキーボードのパソコンに触れる機会があると、「あれ?この記号どこいった」と悩みますね。JISキーボードからUSキーボードに変わった時は、すぐ適応できたのにUSキーボードからJISキーボードになると混乱するのは不思議です。

 

AmazonでMacBookを購入したくてもUSキーボードはない

MacBookなどを購入する際にAmazonで購入しようとするとUSキーボードは選べないんですよね。Appleの公式サイトから購入しても良いのですが、Amazonの方が安いですし別にスペックの部分で何かカスタマイズする気もないですし。

 

AmazonでもUSキーボードのMacBookを取り扱ってくれるようにならないかなー!