名古屋は観光に向かない・つまらない理由 = 歩いていても楽しくない

愛知県に約20年近く住んでいます。色々な県に住みましたが愛知県が1番長いです。

 

愛知県(名古屋)というと、「魅力がない。何もない。つまらない。観光で行くようなところではない」とフルボッコにされています。全てとは言いませんが、ほぼ当たっています。

 

では、なぜ観光でやってきてもわくわくしないのか考えてみました。

結論は、「歩いていてもつまらない」です。

 

スポンサーリンク

名古屋は目的がないとつまらない = わくわくしない

道は、人が歩く場所ではなく車が走る場所

「名古屋はつまらない」と言われる、感じる最大の理由は「歩いていても楽しくない」だと思います。いい意味でも悪い意味でも整いすぎていて歩いていてわくわくはしないと思います。

 

そもそも名古屋は、人が歩く道ではなく車が走る道です。つまり、フラフラ立ち寄って楽しむような店は並んでいません。こういった所が観光でやってきても楽しくはないところかもしれません。

 

観光の楽しさは発見だと思います。目的の場所に辿り着くまでに何か面白い所があったり、立ち寄りたい所があったりと。

名古屋の場合は「観光目的の場所があり、そこに向かってから楽しんで帰る」で完結してしまうので、そこに辿り着くまでの道のりをフラフラ歩きながら楽しめる事という事はほぼありません。

 

名古屋駅の周りは特になし

名古屋駅の周りは寂しいです。

会社のビルは沢山あるので閉鎖的な空間のように感じるかもしれません。

 

名古屋駅に着いたらまずはココ!という場所はないので、名古屋駅に着いてからがスタートラインであり各々目的の場所へ向かうという感じです。もう少し駅周辺に何かあると良いですが何もありません。ここもわくわくしない残念なポイントです。

 

「栄」までは徒歩でも一応いけます

名古屋の観光スポットの1つであろう「栄」は、名古屋駅から歩いても行けます。

普段から歩いている人なら平気、運動していない人は少し頑張るくらいです。

 

ただ、先程も言いましたが名古屋は歩いていても楽しくはありません。

ここが非常に辛いポイントかもしれません。

 

観光スポットがそれぞれが孤立してポツンとある

名古屋にも一応観光スポットはありますし、それを目的に来る人もいると思います。

名古屋の観光スポットの弱点としては、それぞれが孤立して色んな所にポツンとあるところ。「ポツンと一軒家」ではなく、「ポツンと観光スポット」です。

 

なので、さっきは東に向かったけど次は西に向かうみたいな事も起きます。面倒くさいです。

そして道中は歩いていてもつまらないですし、基本的に電車や地下鉄移動で目的の場所まで無我夢中で行くという感じになります。

 

本音:別に名古屋じゃなくてもいい

正直、「これって別にわざわざ名古屋じゃなくてもいいよね?」という部分が多いです。

中途半端と言われてしまえばそれまでです。辛い。

 

住む分には多すぎず少なすぎずちょうど良いです

都会でいう「祭りか!?」と感じるような人口もいなければ、観光場所が多すぎてゴチャゴチャもしておらず、「田舎すぎて何もねぇ!」という事もありません。

 

中途半端な町は住む分には、ちょうど良いです。

あと、味噌煮込みうどんが好きです。