【携帯】2年縛りの違約金が1,000円以下になるかも【本当に?】

現在、携帯会社との2年契約の途中で解約した場合は違約金として約1万円を支払う必要があります。

 

この2年契約もややこしく、2年が経過すると自動的に更新されまた2年契約が結ばれる為、他社へ乗り換えしにくい状況になっています。

 

そんな2年契約の違約金が見直されそうです。

ただし、あまり期待しすぎてもダメですが。

 

 

スポンサーリンク

2年契約の違約金が1,000円以下になるかもしれません

政府が検討する携帯電話の利用料を巡る抜本対策が明らかになった。2年契約の途中で解約する際の違約金を現在の9500円から1000円以下にする。

携帯違約金、上限1000円 「2年縛り」大幅下げ - 日本経済新聞

 

実際にこれが実現すれば、自分に合った携帯会社に乗り換えしやすい環境になるでしょう。

また、端末の2年分割と2年縛りにズレが生じているユーザーも乗り換えしやすくなります。

 

ユーザーと携帯会社の最終的な関係・形

今までは2年縛りとは別に端末を2年使い続ける事を前提に毎月割引が適用されて実質負担額○○円といった形で利用する事ができました。

 

そこから政府が通信料の値下げに触れ、「分割プラン」が登場。

通信料を値下げする代わりに端末代の割引が実質なくなるという形になりました。

 

そして今回、違約金が1,000円以下になるように動きました。

また、継続利用を前提とした端末の割引も禁止にするとの事です。

 

ユーザーは自分でスマホ購入して気軽に携帯会社と契約

2年縛り、そして端末代の2年分割(実質負担額)があった為、1度携帯会社を決めてしまうとなかなか乗り換えしにくい環境で立場として携帯会社が強い状況です。

 

これからは、自分が使いたいスマホを自分で購入して料金プランを見ながら自分に合った携帯会社と契約をして使う。気に入らなければ解約して別の会社へ乗り換えという立場が逆転してユーザーが力を持つ事になるかもしれません。

 

本当に1,000円になるのか?カラクリがありそうな気も

通信料の値下げの件と同様に、何らかのカラクリはあるんじゃないかな?と思っています。

 

例えばですが、「毎月300円払っていればいつ解約しても違約金は1,000円です」みたいな。

2年経過して新たに2年自動更新となれば、携帯会社のウォレット(ポイント)に300円×24ヶ月分を返却しますと言うのは結構あり得ると思うのですがどうでしょう。

※ 携帯会社を乗り換えれば、もちろんそのウォレット(ポイント)は使えなくなります

 

違約金が安くなったとしても、こういう違った形になりそうな気がしますが・・・

 

スポンサーリンク
スマホ
スポンサーリンク
シェアする
TYTBLOG.com