【両方購入】プロスピ2019をレビュー【PS4とVita比較】

4年ぶりに発売された「プロ野球スピリッツ」シリーズの2019をPS4版とVita版両方購入しました。メインはPS4版で遊ぶ予定です。

 

「プロスピ2019」は購入すべきか?PS4版とVita版どちらを購入すべきか迷っている人に向けて書いていきます。

 

結論は「ペナント派は購入しても良いと思いますが、ペナント以外のモードは正直微妙なのでパワプロのようなモードは期待しない方が良いです。そして、購入するならPS4版がおすすめです」

 

※ 随時更新予定

 

スポンサーリンク

プロ野球スピリッツ2019:PS4とVitaの比較【レビュー】

プラットフォーム PS4版 Vita
ゲーム内の動き
観客
顔のリアル度
音質
ボタン

 

とくに細かくPS4とVitaで比較する事はないと思いますが、一応比較しておきます。

 

ゲーム内の動きは、PS4の方が良い(当たり前ですが・・・)

ゲーム内の動き(なめらか度)で言えば、やはりPS4の方が引っかかる感じはありません。ただVitaだと映像がカクカクなのか?と言われるとそうでもありません。直接比較しない限り気になるレベルではありません。

 

観客のリアル度(解像度?)も、もちろんPS4です

今作から観客もよりリアルになっています。細かく作られており臨場感があります。

Vita版については、遠くからの映像であれば充分な再現度ですがアップになると微妙です。特に選手がアップで映るシーンの時に、一緒にバックネット裏の客も映る事がありますがPS1のようなポリゴンになる時もあります。

 

顔のリアル度は、意外とVita版の方が好きかもしれません

上の画像は「PS4版」になります。めちゃくちゃ似ています。

ただ、似ているのとリアルなのは少し違いますよね。PS4版の画質では、細かい所まで見えすぎてしまって逆に不自然な部分もあったりします。一方、Vita版の画質では限界があるので細かい部分は見えにくいです。

 

個人的には、顔に関して言えばVita版の方が違和感がありません。

ゲームアプリの「プロ野球スピリッツA」に顔が近いのはVita版ではないでしょうか。

 

音質に関しては仕方がない

これに関してはVitaは、携帯型ゲームなので音質は仕方がありません。

Vita版だけで遊んでいれば気になりませんが、PS4版の方がクリアに聞こえますね。テレビなどのスピーカーにも依存すると思いますが。

 

ボタンはPS4の方がいいです【痛くない】

これは慣れだったり人それぞれだったりすると思いますが、Vitaはボタンが小さくて固いです。

ついつい力を入れてボタンを押してしまいがちな野球ゲームの場合、ずっと遊んでいると指が痛くなります。

 

プロ野球スピリッツ2019を遊んでみた感想【ペナント】

ブルペンのシステムがなくなったのは残念すぎる

YouTubeに公開されていた動画を見て嫌な予感はしていましたが、ブルペンのシステムが廃止されています。これがなければ、プロスピのペナントは「エビフライがない天丼」です。

 

パワプロのようにいつでも誰でも中継ぎをすぐに登板させられるのではなく、プロスピには「ブルペンで肩を作らせる→準備完了→登板させる」というシステムがありました。これがなければ中継ぎを次から次へとポンポン使えてしまい面白くありません。

 

アップデートで復活させられるのであれば復活を望みます。

 

2度押しのタイミングが難しくて他のゲームに影響出そうです

ピッチングは、リリースのタイミングで2度押しをします。

これのタイミングがワンテンポ遅い気がします。実際に難易度は上がっているでしょう。

 

「パワプロ」や「プロスピA」で遊んでいると、感覚が狂います。

「プロスピA」の場合はワンテンポ早く、「プロスピ2019」はワンテンポ遅くという感じでしょうか。

 

右下にある走塁画面の感覚も違いました

ヒットを打ったら右下の画面を見ながら走者をコントロールすると思います。

これが意外と難しいと言いますか、自分の感覚よりも走者の動きは遅いです。右下を見ながら「余裕で2塁行けるわ!」と思ってカチカチボタンを押していても思ったより走者のアイコンが進みません。パワプロの感覚ではダメですね。

 

この辺は慣れが必要かなと思います。パワプロの感覚でやると無謀な走塁になったりします。

 

バント処理について:アプデで修正が必要だと思います

Vita版は、バント処理の際に動作が重くなります。

 

後は、設定で守備操作を「マニュアル」にしている場合。ランナー1塁の場面で打者が三塁方向へバントをした際に三塁手が取るべき打球にも関わらず三塁手が前に突っ込んできてから突然三塁ベースへ戻って走っていくのでガラ空きという事があります。3回あったので偶然ではなさそうです。

バント処理に関して投手の負担(範囲)が大きすぎるという表現が正しいかもしれません。ただし、プロスピに限らずパワプロでもそうですが内野フライを投手が取ったりするのでその辺の調整は難しいのかもしれないですね。

 

解説が良い意味で無駄に喋るので最高です

解説者に赤星憲広氏と里崎智也氏が加わった事でより豪華となりました。

そして今作は無駄に良く喋ります。良い意味で。

 

野球に関する事から、試合前の準備の話や開幕の話などなど試合の展開以外の部分を喋ったりするのでリアルですね。

 

相手投手が間を作る時がある

これは結構「おお!」となった所なんですが、相手投手(COM)が長くボールを持つ事があります。(読み込みが遅いという訳ではないと思います)

間があったり、プレートから足を外してロジンを付けたりもするのでそういった細かい部分もニヤニヤしながら楽しむことができますね。

 

プロスピ2020も決定しているので購入する価値はあります

「プロスピ2019」は、無料アップデートで2020年シーズンを配信する事がすでに決定しています。発売が延期となり7月となった事で「もうプロ野球はシーズン後半やんけ!」と思っていた人も、2020年シーズンがある事で長く遊べそうです。

 

ゲームソフトの価格は高いですが、2年分と考えれば安いですね。

 

PS4版とVita版どちらを購入すべきか?

・特に理由がなければPS4版をおすすめします

 

・いつでもどこでも気軽に持ち運びしたいならVita版(スリープモードがあるのですぐ再開できるのもメリットです)

 

4年ぶりの発売となり、一応2020年シーズンのアップデートも決まっているので約2年は遊べることが決定しましたが、果たして2021年版が発売されるかどうかは分かりません。プロスピが遊べることに感謝しつつ楽しみたいと思います。