データを使い切っても通信速度が最大1Mbps出る「楽天モバイル」を紹介

格安SIMの「楽天モバイル」について紹介していきます。

 

その前にまず、格安SIMへ乗り換えを考えている人で個人的に思う「おすすめな人、おすすめではない人」について少しお話します。絶対に格安SIMにするんだ!という人は読み飛ばしてもらって構いません。

格安SIMがおすすめな人、おすすめではない人

自宅にWi-Fiの環境がある、またはWi-Fiがない場所でスマホで動画をあまり見たりしないという人は格安SIMにしても後悔する事はないでしょう。

 

逆に自宅にWi-Fiの環境がなく、家でも外出先でも動画を見たり、大容量のデータ通信が必要なアプリを使うという人は、回線の遅さにイライラするかもしれません。

 

格安SIMは、基本的にスマホを使うユーザーが増える時間帯になると通信速度が遅くなります。つまり、皆が帰宅するであろう夜の時間帯はWi-Fiに繋げるような環境である事がベストです。

 

ある程度名前が知れ渡っている格安SIMであれば、使い物にならないくらい遅い!というケースはないでしょう。ただし、ドコモやau、ソフトバンクといった大手キャリアのような安定した通信速度は出ないという事を覚えておく必要があります。

 

外でスマホを触る時はSNSかネットサーフィン、あとはスマホゲームくらい。家に帰ったらWi-Fiがある。みたいな人は格安SIMにしても今までとほぼ環境が変わる事はないでしょう。

 

スポンサーリンク

格安SIM:楽天モバイルの特徴

楽天モバイルには「スーパーホーダイ」というメインのプランと「組み合わせプラン」というのがあります。

 

違いとしては、「組み合わせプラン」の場合はドコモ回線以外にau回線が選べること。

余分なものが一切なくシンプルなプランで作られているので自分である程度何が必要で何がいらないのかの知識が必要です。

 

「スーパーホーダイ」の場合の特徴はこのようになっています。

  • 楽天会員ならお得に使える&長期割が選べる
  • 10分以内の国内通話かけ放題がついてくる
  • 毎月のデータ容量を使い切ってもある程度通信速度が出る
  • 自社回線へ移行する

それでは1つずつ見てきましょう。

 

楽天会員+長期割で2年間毎月1,500円安くなる

楽天会員の場合、毎月500円割引が2年間行われます。

 

そして、楽天モバイルの大きな特徴は自分で最低利用期間(縛り期間)を選択できること。

通常、大手キャリアの場合は2年縛りで格安SIMの場合は1年〜2年というのが多いです。これは最初から縛り期間が決まっている訳ですが、楽天モバイルの場合は自分で1年〜3年の中から選ぶことができます。

  • 2年縛りを選んだ場合は2年間毎月500円割引
  • 3年縛りを選んだ場合は2年間毎月1,000円割引

 

10分以内の国内通話がかけ放題

専用アプリ「楽天でんわ」から電話をかける事で10分以内の国内通話がかけ放題となります。

オプションなどではなく、自動的に付いてくるのでオプション代は発生しません。

 

毎月のデータ容量を超えてもある程度速度が出る

通常毎月5GBのデータ容量のプランで契約をしていた場合、5GB分使ってしまうと速度制限によって通信速度が落ちますが、楽天モバイルの場合は最大1Mbpsの速度が出ます。

 

この速度は、ほぼストレスなく使うことができる通信速度になります。

つまり、データ容量を使い切ってしまった際のあの遅い速度でストレスがたまるという事はありません。

 

楽天モバイルは自社回線へ移行する

楽天モバイルは格安SIMなので、ドコモ回線をメインにau回線もレンタルをしてユーザーに提供している形になっていますが、今年の秋から楽天モバイルはドコモ・au・ソフトバンクに並ぶ第4のキャリアとして参入します。

 

つまり、自分たちの回線を使う形になります。

2019年3月14日の10:00以降に新規で楽天モバイルを契約する人は、2019年10月頃に新しい専用SIMカードが届くので入れ替える必要があります。

SIMカードを入れ替えても料金プランや最低利用期間は引き継がれるので安心です。

 

自社回線を持つという事ですが、すぐに楽天回線に切り替わる訳ではなく順次切り替わっていく感じになるようです。その代わりに使われるのがau回線のようで詳しいことは後日改めて発表されるとのこと。

【まとめ】楽天モバイルの料金について

プランS 2GB 2,980円
プランM 6GB 3,980円
プランL 14GB 5,980円
プランLL 24GB 6,980円

料金ページ

例えば、プランSの場合毎月の基本料金は2,980円になります。

楽天会員で長期割3年を選んだ場合は、2年間1,500円の割引が行われるので基本料金は1,480円で使うことができます。

「楽天モバイルなら2年間1,480円で使える!」というのは、こういう事です。

 

楽天モバイルにするならスーパーホーダイだと思う理由

「組み合わせプラン」の場合は、ドコモ回線以外にau回線も使えるようになりますし、毎月のデータ容量も種類が豊富。そして何より余分なモノが付いていないので、スーパーホーダイより安く使えるというメリットがあります。

 

ただ、楽天モバイルの最大の特徴はデータ容量を使い切ってもある程度通信速度が出る事だと思うんですよね。この恩恵を受けずに、組み合わせプランを選ぶのであれば別の格安SIMを選んだほうが良いかな?と思います。

 

スポンサーリンク
スマホ格安SIM
スポンサーリンク
シェアする
TYTBLOG.com