2年契約の更新月と端末代の2年分割は異なります【違約金に注意】

携帯会社を変える「乗り換え」を考える際に一緒についてくるのが「更新月」です。

 

この更新月によっては、「違約金」が発生します。

また、「更新月」と勘違いして一緒と考えてしまいがちなのが「スマホの端末代の支払い(分割)」です。

 

それでは、見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

更新月を確認:他社へ乗り換えの際に違約金が発生するかもしれない

更新月とは

「更新月」と呼ばれるものは、いわゆる「2年縛り」の事を指します。

 

2年契約のメリットとしては、携帯会社によっていくつかの割引が適用されます。

「2年使ってくれる代わりに毎月の基本料金を少し安くするよ」というのが2年縛りです。

 

2年を過ぎると、自動的に2年縛りが自動的にスタートします。

つまり自動で更新されていく訳ですね。

 

2年縛り期間中に解約・他社へ乗り換えをすると違約金として約1万円が発生します。

 

自動更新まで3ヶ月間猶予は与えられる

2年縛りが終了と同時に自動更新される訳ですが、一応3ヶ月間猶予は与えられます。

 

元々は2ヶ月間でしたが大手携帯会社3社は3ヶ月間に伸ばしました。

この3ヶ月間というのは「契約期間満了月である24ヶ月目〜26ヶ月目」の間です。

 

更新月に関しては、「My (ドコモ・au・ソフトバンク)」で確認する事ができます。

もし他社へ乗り換えを考える場合は、この更新月を目安にすると良いでしょう。

 

スマホの分割支払い = 更新月ではない

勘違いしがちなのが、スマホの分割 = 更新月という事です。

 

スマホを分割で購入して24ヶ月の支払いが終わったから他社へ乗り換えをしようとした所違約金が発生してしまった!という事もあり得ます。

 

2年契約とスマホの分割払いは一緒ではありません。

スマホの分割払いの場合の2年というのは、「2年間毎月割引を適用します。この割引を端末代に置き換えると実質○○円で使えます」という事を指しています。

 

分離プランでは、端末代とプランの料金を分けて考えるので少し異なります。

 

更新月とズレてくるのが厄介なところです

例えばスマホの分割支払いが終わってもそのスマホを使い続けたとします。

そして6ヶ月後にスマホの調子が悪くなって機種変更をしたとしましょう。

 

すると、機種変更をした時点から分割支払いがスタートしますが、「2年契約」の方はすでに数ヶ月前に自動で更新されている状態になります。このようにズレが生じてくるんですね。

  • 1月に自動更新によって2年契約がスタート
  • 7月に機種変更をして2年の分割払いがスタート

このように更新月に合わせようとすると、スマホの端末代がまだ残っている状態に。

端末代の方に合わせると全て支払い終わっていても、2年契約中なので違約金が発生する状態になります。

 

ズレた場合の解決策は特にありません

2年契約に合わせて機種変更もしていった場合は、ズレが生じる事はありませんが必ずしも皆が皆2年のタイミングピッタリで機種変更をするとは限りませんよね。

 

もし、ズレてしまった場合の解決策は特になしです。

 

分割の支払いが終わっても同じスマホを使い続けて更新月まで待つ(更新月まで待ってから動く)という方法は一応ありますが。

(※ ただし、分離プランではなく従来の実質負担額といったタイプで契約をしている場合は、端末の支払いが終わると同時に割引がなくなり、やや高めに設定されたプランの料金を毎月支払うことになるので注意です)

 

格安SIMへ乗り換えを考えているなら長い目で見ればお得な事も

乗り換え先を「格安SIM」にしようとしている場合。

 

この場合は、違約金を支払ったとしても毎月のスマホ代を考えれば数ヶ月で取り戻せる事がほとんどでしょう。格安SIMへ乗り換えをした場合、毎月のスマホ代が3,000円安くなるのであれば4ヶ月で違約金分は取り戻せます。

 

今のままの方が得なのか、今お金を払ってでも長い目で見ればお得なのかを1度計算してみる事をおすすめします。

 

【まとめ】2年契約とスマホの端末代の2年分割の違いについて

  • 「2年契約」は、2年毎に自動的に更新されるもので「携帯会社」との契約
  • 「2年分割」は、スマホの端末代を2年分割で支払っているだけの状態。そして携帯会社によって割引が用意されており、実質負担額○○円といった言い方をされる

 

「2年契約」には、違約金というリスクがあります。

「2年分割」では割引が適用されている場合には、スマホの端末代を全て支払い終えずに解約、または機種変更をすると残った端末代を割引が適用される事なく支払わなければいけない事もあります。(これはオプションなどによって異なります)

 

2年縛りはなくなるのか

そもそも「2年契約」っておかしくないか?という人も多いはず。

むしろ、そっちの人の方が多いでしょう。

 

2年縛りはなくなるなくなる言われていますが、今でも当たり前のようにあります。

一応選択肢として「2年縛り」をしない事を選べるようになりましたが、すると割引がなくなるので料金が高くなります。

 

「分離プラン」の登場や5Gによって今後も色々変化はありそうですが、自動更新についてはやはりなくならない可能性が高いでしょう。

 

現実的に考えてあるとすれば「楽天モバイル」がやっているような自分で最低利用期間(縛り期間)を選べるようにして、その期間に合わせて割引額が増減するといった感じでしょうか。

 

 

スポンサーリンク
スマホ格安SIM
スポンサーリンク
シェアする
TYTBLOG.com