【ソフトバンク回線】乗り換え先におすすめ格安SIMを目的別に比較

格安SIMに乗り換えようかな?と考えているユーザーに向けて書いた記事になります。

ここでは、ソフトバンク回戦に対応したおすすめ格安SIMの会社を紹介していきます。

  • 格安SIMでもソフトバンク回線を使いたいソフトバンクユーザー
  • 格安SIMに乗り換えたらソフトバンク回線を使おうと考えている
  • 格安SIMでも電話番号を持ちたい(引き継ぎたい)

↑こういった人におすすめの記事となっています。

 

スポンサーリンク

格安SIMについて解説

おすすめ格安SIMを紹介する前に、簡単に「格安SIMとは」を解説します。

格安SIMについてある程度知識がある人は読み飛ばしてもらっても構いません。

 

ソフトバンク回線に対応した格安SIMとは

格安SIMをユーザーに提供している会社は、キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から回線を借りて運営しています。つまり、格安SIMの会社によって取り扱っている回線が異なります。

 

ここで紹介する「ソフトバンク回線に対応した格安SIM」というのは、ソフトバンク回線を取り扱っている格安SIM会社という意味になります。格安SIMへ乗り換えた時にソフトバンク回線を使いたいという人は、ソフトバンク回線に対応している格安SIMを選ぶようにしましょう。

 

SIMロック解除について:SBユーザーもロックの解除を

キャリアで購入したスマホの端末は、他社のSIMカードを認識させないように「SIMロック」という状態になっています。格安SIMでソフトバンク回線を利用するという事は、ソフトバンクのSIMカードを端末に入れる事になるので、ドコモやauで購入したスマホでは認識しません。

なので、乗り換える前に「SIMロックを解除」しておく必要があります。

 

SIMロックの解除は、自宅から無料で簡単に申し込みをする事ができます。

ソフトバンクユーザーが格安SIMでソフトバンク回線を利用する場合は、SIMロックの状態でも使える場合がありますが、機能に制限がかかってしまう可能性もあるのでSIMロックは解除しておきましょう。

 

音声通話SIMとは:電話番号を持つ人が選ぶSIM

今使っている電話番号を格安SIMでも引き継ぎたいという人や、格安SIMで電話番号を持ちたいという人は「音声通話SIM」を選びましょう。現在使っている電話番号をそのまま他社へ乗り換えて引き継ぐ事をMNPと言いますが、音声通話SIMでなければ引き継ぐ事ができません。

格安SIMの会社によって「音声通話SIM」という言い方ではない場合がありますが、「音声通話」という文字が入っていればOKです。

 

格安SIMの月々の支払いイメージ

格安SIMの毎月の料金は、基本的に「基本料金(データ容量)」で決まります。

電話番号を利用した通話に関しては、使った分だけ通話料が発生します。

毎月の料金 = 基本料金 + 通話料

電話は、「LINE」で済ませるというようなユーザーの場合は、基本料金だけを支払う形となります。通話をよく利用するという人は「かけ放題」などにオプションで加入する必要があるので「基本料金 + オプション代」という形になります。

 

格安SIMでスマホの端末を購入した場合は、端末代が発生します。自分が使っているスマホに格安SIMを入れて使う場合は端末代は、もちろん発生しません。

 

格安SIMに乗り換える時に必要なもの

  • 本人名義のクレジットカード
  • 本人確認書類(免許証など)
  • メールアドレス(Gmailなど)
  • MNP予約番号(電話番号を引き継ぐ人のみ)

格安SIMに乗り換えると、今まで使っていたキャリアのメールアドレス(@softbankなど)が使えなくなるので、Googleが提供するGmailなどのアドレスを1つ作って持っておくと良いでしょう。

 

※ 乗り換える前の準備から乗り換えるまでの流れや手順については、こちらで書きました。詳しい事についてはこちらをどうぞ。

 

ソフトバンク回線に対応したおすすめ格安SIMを紹介します

ソフトバンク回線に対応したおすすめ格安SIMがこちらになります。

格安SIM会社 毎月の基本料金(3GBの場合)
mineo(マイネオ) 1,510円
LINEモバイル 1,690円
Y!mobile 1,980円〜2,980円

ソフトバンクユーザーや、格安SIMではソフトバンク回線を使いたいという人はこの中から選べば間違いはないでしょう。

※ ドコモやauと比べるとソフトバンク回線を扱っている格安SIMの会社は少ないです・・・

 

それではどういった人におすすめなのか、ジャンル別に紹介していきます。

 

格安SIMはシンプルなモノが良いという人:「mineo(マイネオ)」

mineo(マイネオ):シンプルで初心者にもおすすめ格安SIM

公式サイト mineo
最低利用期間 なし(他社へMNPするなら12ヶ月)
特徴
  • mineo独自サービスが充実
  • もしもの時も1GBがあるから安心

mineoには、mineoユーザー同士で交流ができるコミュニティが用意されています。そこで、分からない事などを聞けば同じmineoユーザーが教えてくれるので安心です。また、ユーザーが改善案を提案・共有する場が設けられており、ユーザー同士はもちろん運営会社との距離も近い会社となっています。

 

そんなmineoの独自サービスの1つとして、「フリータンク」という機能があります。これは、mineoユーザー同士でパケットを分け合うというもの。今月はパケットが余ったというユーザーはタンクに寄付する事ができ、今月ピンチ!という人は最大1GBまでタンクから引き出す事ができます。

 

※ mineoには最低利用期間が設定されていませんが、他社へMNPで乗り換えをする場合は契約解除料が発生するので、最低利用期間は実質12ヶ月と考えておけばOKです。

 

SNSが大好きならデータフリーでお得に:「LINEモバイル」

LINEモバイル:通常のプランにデータフリーが含まれている

公式サイト LINEモバイル
最低利用期間 12ヶ月
特徴
  • LINE IDで検索が可能
  • SNSがデータフリーでお得に使える

格安SIMの欠点の1つに、「LINE」のID検索ができなくなるというのがあります。そもそもID検索を使わないという人は良いですが、ID検索が使えないのは困るという人もいるでしょう。LINEモバイルでは、LINEの会社だけあってID検索が可能となっています。

 

そして、LINEモバイルには通常のプランにデータフリーが採用されています。毎月3GB以上のプランであれば、「LINE」「Instagram」「Twitter」「Facebook」がデータフリーとなります。こういったSNSをよく利用する人は、データフリーでお得に利用できます。

データフリーとは:対象サービスへ接続する場合は、データを消費する事なく利用できるので通信量を気にする必要がなくなります。

 

通信速度で選ぶならSBのサブブランド:「Y!mobile(ワイモバイル)」

Y!mobile:格安SIMでは珍しい「完全かけ放題」がある

公式サイト 楽天モバイル
最低利用期間 2年契約廃止
特徴
  • ソフトバンクのサブブランド
  • 完全かけ放題がある

ソフトバンクのサブブランドである「Y!mobile(ワイモバイル)」は、サブブランドという事もあって通信速度に関しては比較的安定して速いです。格安SIMに乗り換えても通信速度は譲れない!という人におすすめです。

 

そしてY!mobileには、格安SIMでは珍しい「完全かけ放題」があります。通常プランには、「10分かけ放題」が付いてくるのですが、それとは別にオプションで「完全かけ放題」が用意されています。月額1,000円のオプション代が発生しますが、スマホから他社のスマホや固定電話にかけても時間や回数は無制限となります。頻繁に電話を利用するという人には、素晴らしいオプションです。

 

 

格安SIM選びは、何を重視するかで変わります

ソフトバンク回線を扱っているおすすめ格安SIMのまとめ

  • mineo:独自サービスが充実していてシンプル
  • LINEモバイル:データフリーでSNSがお得に利用できる
  • Y!mobile:通信速度が安定して速い

 

格安SIMへ乗り換えるまでの流れは、4ステップ

  1. SIMロックを解除したらMNP予約番号を発行する
  2. ネットから格安SIMを申し込んだら自宅に届くの待つ
  3. SIMカードが届いたらスマホに入れて設定をする
  4. 回線が切り替わったら自動的にソフトバンクと解約されます

 

※ 詳しい事についてはこちらをどうぞ。