端末割引規制を上手く突いたauとSBはアウトでドコモはセーフの理由

「端末の割引2万円」と「SIMロックの問題」について。

 

総務省の新ルールの前提として「回線(プラン)と端末を分けて考えましょう」という考え方があり、それによって端末の割引に規制が入りました。

 

従来は、「回線+端末」をセットで販売して端末を実質負担額という言い方で安く提供する事ができましたが、今後は回線と端末を別で考える為、端末を安く見せて契約をさせるという行為を規制した形となっています。

 

そんな新ルールに沿ったプログラムを用意したのがauとソフトバンクでした。

しかし、このプログラムが物議を醸す事になります。

 

スポンサーリンク

回線の契約を条件に端末を安くするのが規制されました

端末を安く見せて契約をさせる → 規制

「端末の割引の上限が2万円」というのは、キャリアがユーザーに回線(プラン)を契約させる、継続利用させる事を条件に端末を売る場合は、割引規制の対象となります。

 

昔は、「実質負担額0円」といった広告をよく目にする機会があったと思いますが、そういった回線を契約してくれたら端末代を実質免除しますという形を規制した事になります。

 

auとソフトバンクが新たに発表したオプション(プログラム)は、そこを上手く突きました

新ルールに沿った形でauが発表したのが「アップグレードプログラムDX」、ソフトバンクが発表したのが「半額サポート+」です。

 

両方とも「端末を分割で購入したら、半額支払ったところで端末を返却して指定した機種の中から機種変更をすると残りの端末代は免除します」というものです。

 

実質端末代を半額で使えるという事になります。(これがお得かどうかは別として)

 

それだと端末の割引上限2万円を守っていないじゃないか!という事になる訳ですが、2社とも「全ユーザーに端末だけを売ります」というのを付け加えました。

 

つまり、端末だけを全ユーザーに販売するので回線とセットで売る形にはなりません。端末の割引上限2万円という規制も適用されずにユーザーに実質負担額という形で安く売ることができるわけです。

 

ただし、SIMロックの端末で実質使えるユーザーは限られる

「アップグレードプログラムDX」「半額サポート+」の両方は、全ユーザーを対象に端末のみを売る形となっていますが、販売される端末にはSIMロックがかかっています。

 

SIMロック = 他社のSIMカードを認識しないという状態なので、他社のユーザーが購入してもSIMロックを解除できる条件が揃うまで使えない事になります。

※ 格安SIMユーザーなどは、購入した会社と同じ回線を使えばSIMロックの状態でも基本的に使えるので恩恵はあります。

 

ここを問題視され、SIMロックを即時解除できるようにルールを見直しという流れになりました。すでにau(KDDI)は受け入れるとの事なので、後は即時解除の条件が発表待ちという感じになります。

 

ドコモの「スマホおかえしプログラム」は、なぜセーフなのか?

ドコモも同じく端末を返却する事を条件に割引

dポイントクラブ会員であれば端末を36回分割払いで購入し、24回支払ったところで端末を返却すれば12ヶ月分の端末代は免除されるという仕組みになっています。

 

気になる:ドコモの方が端末代は高くなるの?

48回払いで24回分免除される先ほどのプログラムと比べて、ドコモは36回払いで12回分免除なので、ドコモの方が実質支払う端末代は高いのでは?と思うかもしれませんが、ドコモの場合は月額のプログラム料がありません。

 

auの場合ですとプログラム料として月額390円を24ヶ月支払う必要があります。

つまり、トータルで支払う金額に差はほとんどありません。

 

端末を返却するだけで良いというのがセーフのポイント

端末を返却する際に回線を継続して契約したり、機種変更をする必要がありません。

 

気になる点としては「スマホおかえしプログラム」を利用するのはドコモユーザーな訳ですが、回線を継続利用させる為に機種変更を促していないという事で割引の規制は受けないというこれまた面白いやり方をしている訳です。

 

まとめるとこのようになります

auとソフトバンクは、他社のユーザーも端末だけを購入できるようにして端末の割引規制に当てはまらないようにするもSIMロックの状態という事で怒られた。

 

ドコモは、機種を返却する際に機種変更をする必要がない為、回線の継続利用をさせていないという事になり特に問題なし。