2年契約を事実上廃止するよりも複雑なプランを先に規制した方が・・・?

2年契約を事実上廃止する事で、携帯会社の競争を煽り通信料値下げが狙いの総務省。

 

もちろん、この動きによって通信料が値下げされればユーザーは大満足でしょう。2年の縛りもなくなり、通信料も値下げ。最高ですよね。

ただし、この動きによって逆に毎月のユーザーの負担額が増える可能性もあります。

 

スポンサーリンク

2年契約廃止によってユーザーの負担額が増える可能性がある理由

今までは2年契約をする事で毎月1,500円の割引が適用されていました。

  • ユーザー側は2年契約を結ぶ代わりに毎月1,500円の割引
  • 携帯会社側はユーザーを2年間囲う事ができる

こういった関係だったわけですね。

 

秋から始まる新ルールでは、この2年契約の有無による割引額の差を170円以内にする必要があります。つまり、今までは2年契約のユーザーは毎月1,500円お得に利用する事ができましたが、今後は毎月170円しかお得に利用する事ができません。

 

通信料の基準が下がらない限り値上げとなる

毎月1,500円から170円の割引と、大幅に下がってしまうので単純に今のプランの料金設定では、ユーザーの負担額が増えるだけとなります。

 

総務省としては、通信料の値下げをさせる為に2年契約を事実上廃止する事で乗り換えやすい環境を作ったということでしょう。もちろんこれも、通信料の値下げ競争が起これば成功ですが結局ユーザーの負担額が増えたとなれば失敗です。

 

乗り換えしやすい環境・通信料の競争でユーザーは乗り換えするだろうか

個人的に気になるポイントとしては、例え他社へ乗り換えしやすい環境が整ったところで乗り換えするユーザーは増えるだろうか?というところ。

 

もちろん、乗り換えしやすい環境が整えば携帯会社としては逃げられないように料金を安くする動きは起きるかもしれませんが。

極端な話、もしユーザーの負担額が増えるようなプランが誕生したとしてもユーザーはそのまま他社へ乗り換えを考えずに利用し続けるような気もします。

 

格安SIMへ乗り換えない人は絶対に乗り換えない

「毎月のスマホの料金が高い」と言いつつも、格安SIMへは乗り換えないという人は沢山いますよね。格安SIMへ乗り換えない理由としてよくあるのがこの3つ。

  • 格安SIMがどういったものか分からない
  • 格安SIMへ乗り換えるのが面倒くさい
  • 通信速度に不安

 

1番下の「通信速度に不安」については、確かに大手キャリアと比べると安定して高速とは言いきれませんが、それでも通信速度に自信がある格安SIMの会社もあります。ただ、この理由に関してはまだ分かります。

 

残りの2つに関しては、ユーザーは「分からないし面倒くさい」という大きな壁を感じている訳ですよね。これがある以上、格安SIMに限らず大手キャリアで色々とプランに変化が起きようが1社だけ値上げをしてユーザーが損をしていようが、乗り換えせず使い続けるという事に繋がると思います。

 

乗り換えしやすい環境よりまずは複雑なプランを規制すべきかもしれない

総務省は乗り換えしやすい環境を作って通信料値下げの競争をさせるよりも、まずは複雑で分かりにくいプランを先に規制するべきだったかもしれませんね。

 

広告などで大きく表示されるプランの料金も、複数の条件全てに該当したユーザーの場合や1年間だけの料金(2年目から料金が上がる)など細かい部分が一般ユーザーには分かりにくいはずです。「結局自分はいくらで使えるの?」と、細かくチェックしないと分からないですからね。

 

こういった部分から変えていって「何がなんだか分からない」というユーザーの数を減らすべきかなと思います。

 

どれだけ乗り換えしやすい環境を整えようが、携帯会社に競争を煽って各社横並びからそれぞれ特徴を生かしたプランを提供しようが、「分からない」ユーザーが多ければ乗り換えしませんからね。

 

まとめ|分かりやすいプランにすれば自然と乗り換えするユーザーも増えるのでは

2年契約を事実上廃止する事でユーザー側にも選択肢が与えられた訳ですが、そもそもユーザー側が「2年契約のせいで乗り換えできない」という人が多かった訳ではないと思います。

 

新ルールによって2年契約が事実上なくなったとしても、上手く乗り換えて使うユーザーは以前からもそうしてきたでしょうし、逆に新ルールが適用されて例え料金が上がろうが損をしようが「プランが分かりにくい」が解決しない限り乗り換えないユーザーは乗り換えないのかな?と思います。

 

2年契約がなくなる事で携帯会社に競争を煽ると同時に、ユーザー側も乗り換えしやすい環境が必要だと思います。2年縛りがなくなる事で確かに乗り換えしやすい環境はできあがりましたが、多くのユーザーにはそこまで変化はないかもしれませんね。むしろユーザーの負担が増えるだけの可能性もあるので、今後はユーザー側も積極的に調べてチェックしていく必要があります。