分離プランによってスマホが売れなくなる可能性について【理由】

「通信料が高いからもっと安くしなさーい」と国に怒られたので携帯会社は、通信料を値下げする「分離プラン」を次々始めています。

 

分離プランがもし、今後当たり前になっていくのであれば今までのようにスマホは売れなくなる可能性があります。そんな可能性についてここでは書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

スマホがこれから売れなくなる可能性がある理由

今までは、スマホを購入する = 2年分割というのが当たり前だったと思います。

 

そして携帯会社によって毎月の割引が用意されており、「実質負担額」という言い方で端末を安く購入する事ができました。

 

しかし、2年の分割が終わると同時に毎月の割引も消えます。

すると端末代を支払っていた頃よりも毎月の料金が高くなる場合や、そもそも割引前提で作られたプランなので損をする事が多く、機種変更をしてまた割引を貰うという流れが一般的でした。

※ 2年縛りが終わっても機種変更せずに使っているのは損という事についてはこちらで書きました。

 

分離プランが当たり前になればスマホを買い換える機会が減る

携帯会社の大手3社は分離プランを始めていますよね。

 

簡単に説明すると、今までは「2年縛りになるけど毎月割引をするから端末代が実質○○円で使えますよ!」という感じでした。

 

しかし、分離プランでは「通信料を値下げする代わりに端末代の割引はなくすよ」というのが今までとの大きな違いになります。

 

2年経っても同じスマホを使い続ける人が増える

今までは、端末の割引分は通信料に上乗せしている形だったので2年経ったら端末を買い替えた方がお得でした。

 

しかし、分離プランでは端末を自分で用意して従来より安くなった通信料を使うことになるので2年使えばそこからは今までよりも安く使えるようになります。

 

つまり、2年経ったからと言って機種変更をする必要はなくなります。

 

自己負担となると高く感じるスマホの端末代

スマホの端末代は約10万円します。(機種によって異なりますが)

 

この端末代は、今までは実質負担額という言い方で約2万円くらいで購入できていました。実質0円なんてスマホもありましたよね。

 

先ほども言いましたが、実質負担額という言い方で割引された分は、元々高く設定してあった通信料に上乗せしている形なので実質割引なしで端末代を毎月分割で支払っていたと言っても過言ではありません。

 

しかし、いざ端末代として10万円を払うとなると躊躇する人も多いでしょう。今までは約2万円くらいで購入できていたのに10万円って!と思う人もおおいはずです。実際は通信料に上乗せして支払っていたようなものですが。

 

人類は今のスマホの性能に十分満足している

高画質な写真が撮れたり、ゲームができたり、ネットも動画も使えて、便利なアプリも豊富です。キャッシュレス化の時代でもスマホは大活躍です。

 

正直、今のスマホで満足している人がほとんどでしょう。

あのAppleのiPhoneですら、今は売上が低迷しています。

数年前では考えられませんよね。iPhoneが売れないなんて。

 

スマホの機種変更をする時は壊れた時か型落ち狙い

iPhoneやAndroidのスマホで最新機種が発表されたとしても、「今すぐこれ欲しい!」となるようなデザインや機能が付いているスマホは、この先すぐには登場しないでしょう。

 

と、なるとスマホの買い替えのタイミングは壊れた時か、最新機種が発表されて型落ちとなったスマホ狙いの人が増えるかもしれませんね。

 

もしかしたら分離プランは流行らない説

スマホの端末を購入して、自分が使いたい回線の会社と契約をする。

 

むしろこっちの方が当たり前のような気もしますが、日本では携帯会社と契約をする代わりにスマホを割引してもらうという感じですよね。

スマホはタダに近い状態で貰うモノの方が感覚的には近いでしょう。

 

格安SIMを使っている人やSIMを複数持っていたりするような人は、直接スマホを購入している人もいるでしょうけど、日本に住むほとんどの人は携帯ショップを通して購入していると思います。

 

従来の方法のまま購入する人は減らない可能性もあるのでは?

「分離プラン」と従来のいわゆる「実質負担額タイプのプラン」の2択が選べるのであれば、従来のプランの方を選んで契約をしてスマホを手に入れる人は減らないような気がします。むしろ変わらず多いような気もします。

 

今後、従来のプランは消えていくのか?分離プランでも携帯会社同士で競う為にスマホの端末にも大きく割引をするのかどうかは分かりませんが、ユーザー側とすれば分離プラン+端末割引が最高ですよね。

 

【まとめ】分離プランによってスマホを買い換える機会はなくなる

分離プラン自体は、今までのようにスマホの機種変更を促すようなモノは含まれないので、そこをどうするかですよね。

 

よくあるのが、「1年間使って2年目からは機種変更すればスマホの端末は回収するけど端末代の残りのお金は払わなくても良いですよ」みたいなのもありますが、あれもどうなの?という感じはしますが。

 

今後のスマホはどのように売れていき、どのように工夫しながら売ろうとするのかに注目ですね。

 

【追記】2年縛りを途中解約した場合の違約金の値下げ、継続利用を前提とした端末の割引も禁止にする動きがあるようです。従来のプランは今後消えるかもしれません。