携帯の違約金1,000円で月々の料金が上がる可能性|狙いは【解説】

多くの人が携帯会社で契約をする際に「2年契約」を結んでいると思います。

この2年契約の途中に解約をすると、違約金として9,500円がかかりました。また、自動更新があるので2年契約が終了すればいつでも解約できるとは限らず、厄介なものでした。

 

そんな違約金について、国は1,000円以下に値下げしなさいという動きがありました。

しかし、この動きによって逆に毎月のスマホの料金が値上げする可能性も出てきます。

 

ここでは、「2年契約の意味」や違約金の値下げ、今後の動きについて見ていきたいと思います。

先に内容を紹介するとこんな感じになります。

  • 2年契約の期間中に解約した場合の違約金が見直される
  • 違約金が下がることで割引額にも影響が出る
  • 毎月のスマホの料金が高くなる可能性
  • 違約金を下げる狙いは「通信料の値下げ」

 

それでは見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

2年契約の違約金が1,000円になるけどお得になるとは限らない

「2年契約」は、単純に「2年縛り」と捉えるのではなく「2年縛る代わりに毎月割引を適用します」という意味合いもあります。

 

携帯会社のプランによって多少異なりますが、2年契約(自動更新あり)によって毎月基本使用料から1,500円の割引が行われています。

※ 2年契約を利用しない場合は割引は適用されません。

 

違約金が1,000円になれば割引額にも影響してくる

今までは、2年契約の途中で解約をした場合は違約金として9,500円が発生しました。

その代わり毎月1,500円(auの場合)の割引があった訳ですよね。

 

もしこれが、いつ解約しても違約金は1,000円となれば割引額も減らすことはほぼ間違いないですよね。そして「拘束の有無(2年縛り)による割引の差額は170円にする」と言われています。

 

つまり、割引が適用されない2年契約がないプランを基準に考えると、2年契約は毎月170円お得になる事になります。今までは1,500円の割引だったのに、170円の割引という事になります。

 

・・・あれ?

 

逆に毎月の料金が高くなる可能性

今までの感覚でいくと2年間使えば基本使用料は36,000円安く使えました。

※ 2年契約:1,500円割引 × 24ヶ月 = 36,000円

 

しかし、違約金が1,000円になり毎月の割引額が170円になると。

170円割引 × 24ヶ月 = 4,080円となります。

むしろ長期利用者にとっては毎月の割引額が減ることで高くなります。

 

2年間使うつもりだった人・乗り換えしたかった人

最初から2年間使うつもりで2年契約をして毎月の割引が適用されていた人にとっては、違約金が1,000円になろうが関係はありません。先ほども言いましたが、むしろ割引額が減って損をする可能性が出てきます。

 

逆に乗り換えを考えていたにも関わらず、2年契約が自動更新してしまった人や機種の分割払いと2年契約にズレが生じていて乗り換えのタイミングを失っていた人にとっては違約金1,000円は助かるかもしれません。

 

違約金を下げる事で競争を煽り通信料の値下げが狙い

「割引額が減る = 毎月の料金が高くなる」事には間違いありません。

 

ただ、狙いとしては「いつでも解約できる状況を作る事で携帯会社の競争を煽り、通信料の値下げをする」という事だと思います。

 

実際に割引額が減ったとしても、その分通信料も値下げをすればユーザーとしては毎月の支払う料金が高くなるという事は防ぐ事ができます。そしておまけに違約金も1,000円です。

 

通信料の値下げ・プランの見直しが行わなければ毎月の料金が高くなるのは間違いない

違約金が1,000円になったとしても、2年縛りの有無の差が170円以内に設定されれば今よりも毎月の料金が高くなるのは間違いありません。

 

ただし、携帯会社も新規ユーザーは大好きです。

 

通信料の値下げや見直しが行われる事もなく、ただただ割引額が減って値上げをしたとしましょう。そこに他社が通信料を値下げをすれば、違約金も1,000円ですし他社へ乗り換えられてしまいます。

 

つまり、違約金1,000円になった時のプランのスタートダッシュを携帯会社は失敗したくない、失敗した他社のユーザーを獲得したいので何らかの割引額分の値下げをすると予想しています。

 

よく分からないからずっと同じのを使っているは損をする時代へ

以前から「よく分からないけどコレ使ってる、コレ契約してる」という人は基本的に損をしてきましたが、今後は更に損をする時代へ突入するかもしれません。

 

「分離プラン」や「端末の割引の規制」、そして「違約金」と色々と変わってきています。

大手キャリア以外に「格安SIM」という選択肢まで増えましたよね。

 

今後は積極的に見直し、自分に合った携帯会社へ乗り換えながら上手く賢くスマホを利用していく人がますます得をしていく時代になりそうです。

 

スポンサーリンク
スマホ
スポンサーリンク
シェアする
TYTBLOG.com