【夏のイライラする虫対策】特に蚊、テメェだ!刺された後に効くのは塩です

まだ5月の上旬にも関わらず寝ている時に蚊に刺されました。

全部で4箇所。全て右腕。

 

痒みで目が覚めると、耳元で「ぷ〜ん」という鳴き声が。最悪ですね。

 

電気をつけると腕全体が痒く、数分後には気持ち悪いほど刺された所が丸くなっていました。

右腕に綺麗に1列、均等に間隔を空けて吸われており、まるでリコーダーのような腕でした。

 

ということで、今からもう夏の蚊対策は必須ですね。

 

スポンサーリンク

夏のイライラする虫対策:特に蚊

 

蚊に刺された時は、キンカンやムヒを使う人が多いと思いますが、1番効くのが「塩」ですね。

おばあちゃんの知恵袋じゃないですが、昔から蚊に刺されたら塩と教わってきました。

 

やり方は簡単で、指を水で濡らして塩をつまんで刺された所をこすります。

少し痛いくらい自分はこすります。塩は少し多いくらいがベスト。

 

塩が溶けるくらいこすったら、あとは残った塩を洗い流すだけでOKです。痒みが一瞬で治まるはずです。なるべく刺されたらすぐに塩を使うと効果的。

 

ムヒパッチ


蚊に刺された時に「塩」を外出先で使うのは難しい・・・という事ありますよね。

そういう時は、「ムヒパッチ」がおすすめです。

 

刺された所に丸いシールを貼るだけです。

これが不思議と痒みが治まるので助かりますね。

 

蚊がいなくなるスプレー

 

部屋に1プッシュするだけで蚊がいなくなる、死ぬという素晴らしいアイテム。

夜寝ている時に耳元で「ぷ〜ん」と鳴き声がしたらイライラしますよね。電気をつけても、蚊の姿が見当たらない。そんな時はこれを使いましょう。

 

数分後には、蚊が落ちてきて死んでいます。

 

網戸に貼る虫よけ


正直、こういった商品は「本当に効果があるの?」と思いつつも、一応網戸に貼っています。

気休め程度。

 

もう蚊取り線香って効かないのでは?と思ったり

蚊取り線香の煙でも今の蚊って平気でス〜ッと通り過ぎますよね。

ある程度密閉された部屋で使う分には効果があると思いますが、それだと今度は人間が匂いや煙にやられますしね。

 

外で蚊取り線香は、効果あるのだろうか。