任天堂SwitchとLiteの比較【不評のようですが売れると予想】

「任天堂Switch」と「任天堂Switch Lite」を比較したいという方向けです。

「Switch持っていないしこの機会にLiteを購入しようかな?」「Switch持っているけどLiteを購入する必要ある?」という人に向けて書いていきます。

 

※ 先に結論から言いますとSwitchを持っていない人がLiteを購入しようとする場合。「Liteは1万円安いですが、Joy-Conの購入を考えている人や今後購入する可能性があれば通常のSwitchの方が良いと思います。

 

すでに「Switch Lite」は、発売前から不評のようですが個人的な予想としては売れると思います。それでは、順番に見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

任天堂SwitchとLiteの比較

商品名 任天堂Switch 任天堂Switch Lite
価格 29,980円 19,980円
Joy-Con
ドック
画面サイズ 6.2インチ 5.5インチ
サイズ 縦:102mm

横:239mm

厚さ:13.9mm

縦:91.1mm

横:208mm

厚さ:13.9mm

重さ 398g 275g

 

持ち運びに特化したのがLite(遊び方に制限がある)

「任天堂Switch」の遊び方は、「TVモード」「テーブルモード」「携帯モード」の3種類ですが、Switch Liteの場合は「携帯モード」のみです。

 

コントローラーと画面が一体型になっているので、モーションIRカメラを使用したゲームなどを遊ぶ際には別でJoy-Con(コントローラー)を購入する必要があります。

 

Switch Liteでは遊べないソフトもあるので注意

Switchのゲームソフトは、必ずしも全てのモードに対応している訳ではありません。

「携帯モード」では遊べないソフトもあるので注意が必要です。

ソフトのパッケージ後ろに「携帯モード対応マーク」が付いているかどうかをチェックする必要があります。DL版などでは、購入ページに記載されています。

 

Joy-Conがあれば遊ぶことが可能になるソフトもある

「Switch Lite」でも、Joy-Conを繋げれば遊ぶことができるソフトもあります。

 

「携帯モードに非対応 = Joy-Conで操作(振ったり回したり)するゲーム」については、Joy-Conさえ用意すれば遊べるという事です。ただ、Joy-Conは約8,000円します。

※ SwitchよりLiteの方が1万円安いけど、Joy-Con購入したらほとんど差がない・・・という事になる訳ですね。今後、Joy-Conを使うゲームで遊ぶ可能性があるのであれば制限のない通常のSwitchが良いかもしれません。

 

バッテリー接続時間に関しては遊ぶソフトによる

公式の発表によれば「約3時間から7時間」とのことです。

 

この辺は正直微妙ですね。携帯型ゲームとしてはバッテリーの持ち時間はそこまで極端に短いという訳ではありませんが、今の時代でもやはりこの辺が限界なのかという感じです。

 

公式によれば「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」では約4時間との事なので、Switchで売れるであろうクオリティの人気ソフトで遊ぶ場合は、3時間〜5時間と考えれば良いのではないでしょうか。
※ ↓こういったクオリティのゲームで遊ぶ場合は、3時間〜4時間と考えれば購入前にイメージしやすいと思います。
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 1st トレーラー

 

Switch Liteを購入すべき人【後悔しないように】

任天堂Switchの売りとしては、テレビに繋いで遊ぶこともできるしテーブルモードで場所を選ばず人と遊べたり、携帯モードにして1人転がって遊ぶなど遊び方に選択肢があったところだと思います。

 

その売りであった部分をSwitch Liteでは、削った訳なので当然向き不向きは出てきます。

 

Switch Liteを購入すべき人は、絞られます

  • すでにSwitchを持っている人は、完全携帯型ゲーム機として購入もアリ
  • Joy-Conを動かして遊ぶようなゲームをする気がない
  • テレビもモニターもないからそもそも大画面で遊ぶことがない

こういった人は、Liteが良いと思います。

任天堂Switchとして考えるのではなく、SwitchはSwitchとしてLiteはLiteとして考えた方が良さそうです。

 

2台目としてLiteを購入して遊ぶ場合

すでにSwitchを持っているユーザーが、Liteを購入した場合。

気になるのは購入したソフトやセーブデータを共有できるかどうかだと思います。

  • アカウントを連携する事でDLソフトを共有可能
  • DLソフトやコンテンツに関しては、「いつもあそぶ本体」に登録されたSwitchは、いつでも遊ぶことが可能だが、もう片方のSwitchで遊ぶ場合はネット接続が必須。
  • セーブデータは引っ越し可能

「いつもあそぶ本体」に登録したSwitchが基本的に全て優先される形となります。

なので2台で同時に同じアカウントでDLソフトを遊ぶ事はできません。

 

Switch Liteは、個人的には中途半端ですが多分売れる

個人的には、もう1回り小さくして勝負しても良かったと思う

携帯型ゲーム機としてはサイズが少し大きいかな?という感じです。

 

ソニーの携帯型ゲーム機、Vitaが生産終了した事もあって任天堂は「3DS」と「Switch Lite」で携帯型ゲーム機市場の独占を狙っても良かったのでは?と思ったり。3DSとSwitchで差別化もできてますしね。

 

ただ、スマホが普及してきた事で携帯型ゲーム機という強みが薄れてきた時代なので、やはり難しいかもしれませんね。ただ、Liteはサイズが中途半端だな〜という印象。

 

Switch Liteは、ポケモン専用機として生きる?

ポケモンの最新作、「ポケットモンスター ソード・シルバー」がSwitchで登場します。

 

携帯型ゲーム機で今まで発売してきたポケットモンスターが、シリーズ初のテレビでも遊べるソフトで登場します。第八世代として発売されるので、今までのゲームキューブなどで発売された外伝的なものとは異なり、本編のソフトという事になります。

 

ゲームボーイから始まり、アドバンス、DS、そして3DSとやってきてのSwitchです。任天堂としては、ここにLiteをぶつけて携帯型機ゲームとして遊べるようにしたかったのでしょう。

尚更、もう1回りLite本体のサイズを小さくしても面白かったと思います。

 

すでにSwitchを持っているユーザーも、持っていないユーザーもポケモンの為にLiteを購入する人は多いと思います。

 

そもそも、ポケモン専用機としてじゃなくても売れる

海外だとゲームはテレビ(パソコン)で遊ぶものという感じだと思うのですが、日本はどちらかと言えば携帯型機ゲームは強い方ですよね。

 

ということは、携帯型機ゲームに特化したLiteも日本で売れる可能性は高そうです。

特に持ち運びという面では、サイズが小さくなった事はもちろん重量も100g以上軽くなっているので、今までもSwitchを持ち運びしていた人にとっては最高のゲーム機になりそうです。