iPadは1度購入したら何年使えるのか?結論5年は使えるので安心してください

iPadは何年使える?

Padって購入したら何年くらい使えるの?って気になりますよね。

  • iPadって何年使えるの?
  • iPadの長期利用を考えている
  • 結論5年は使える

スマホの場合、定期的に機種変更をすると思うのでイメージが付きやすいですが、タブレットの場合はイメージが湧きにくいと思います。

この記事では、iPadの購入を検討している方やiPadの買い替えを考えている方に向けてiPadを購入したら何年くらい使えるのかについて解説していきます。

それでは、さっそく見ていきましょう。

目次

iPadOSについてまずは考える

iPadOS
Apple公式サイトから

OSとは「オペレーション・システム」の略で、基本的な動作に関わってくる重要な役割を果たしています。

パソコンのOSで言うとマイクロソフトの「Windows」やAppleの「MacOS」、スマホのOSで言うとGoogleの「Android」やAppleの「iOS」などがあります。

元々iPadはiPhoneと同じiOSを使っていましたが、2019年からiPad独自のOSである「iPad OS」がリリースされました。

iPadに特化したOSが誕生したわけですね

2019年に「iPadOS 13」がリリースされ、毎年様々な機能が追加されていき、2021年現在の最新iPadOSは15となっています。

2019iPadOS 13
2020iPadOS 14
2021iPadOS 15

OSにはサポートの対象期間がある

なぜ最初にiPadOSの説明から入ったのかと言いますと、OSにはサポート期間というものがあります。

年々OSがアップデートされていくに連れて新しい機能などが増えていくわけですが、いつまでも古いスペックのiPadに合わせていたら増やせる機能も増やせません。

そこで一定の期間が経過したiPadのモデルはサポートの対象から外されてしまいます。

サポートの対象から外されてしまったiPadはOSのアップデートができなくなります。

例:iPadOS 15の場合

例えば「iPadOS 15」のサポート対象は以下のモデルになります。

iPad第5〜9世代
iPad Air第2〜4世代
iPad Pro(12.9インチ)第1〜5世代
iPad Pro(11インチ)第1〜3世代
iPad Pro(10.5インチ)
iPad Pro(9.7インチ)
iPad mini第4〜6世代

これ以外のモデルは「iPadOS 15」のサポート対象から外れているので、アップデートすることができません。

iPadに限らずスマホなどでもこうやってOSのサポート対象から外された古い端末は切り捨てられていきます

iPadOSのアップデート対象期間は約5年

iPadOSのアップデート対象期間は約5年

iPadOSのサポート対象期間、iPadで最新のOSをアップデートできる期間は約5年と考えておくと良いでしょう。

つまり、新型のiPadを購入したら約5年は最新のOSを使うことができます。

ただし、この5年というのはだいたいの目安です。
現に今のiPadOS 15は、7年前のiPadでも使えるようになっています。

iPadOS 15は7年前のiPadでも使える

iPadOS 15のサポート対象の機種がこちら。

  • 12.9インチiPad Pro(第1〜5世代)
  • 11インチiPad Pro(第1〜3世代)
  • 10.5インチiPad Pro
  • 9.7インチiPad Pro
  • iPad Air第2〜4世代)
  • iPad mini(第4〜6世代)
  • iPad (第5〜9世代)

iPad Air(第2世代)は、2014年に発売されたモデルなので7年間もサポートの対象になっています。

僕もiPad Air(第2世代)を持っていますがビックリです

流石に今後も全てのiPadが7年も最新のOSを使えるようにしてくれるとは思いませんが、少なくともこういったケースもあります。

iPad Air(第2世代)の状態

ちなみに今の時代にiPad Air(第2世代)はどんな感じなのかと言いますと問題なくアプリを動かせています。

そこそこのスペックを求められるようなアプリは厳しいですが、ちょっとしたお絵かきアプリや漫画アプリ、YouTubeなどは余裕で動かすことができます。

僕は現在iPad Air(第4世代)をメイン端末として使っていますが、基本的なアプリの動きに関してはほぼ遜色ないと言っても過言ではありません。

流石に最新ゲームやクリエイティブな作業をがっつりやろうとするには向きませんが、ちょっとしたアプリくらいなら第2世代でも十分

サポートの対象外 = 使えなくなるわけではない

iPadOSのサポート対象から外れたからといってiPadが使えなくなるわけではありません。

あくまで最新のOSにアップデートができなくなるだけです。

ただ、アプリもOSに合わせてアップデートされていくものが多いため、最終的には古いiPadOSだと動かせないアプリも出てくる可能性が高いです。

人気アプリや頻繁にアップデートされるアプリだと「iPadOS○以上じゃないと起動しない」みたいな場合もあります

OS以外にもバッテリーやスペック不足などの問題もある

それでは次は、iPad本体の寿命という目線で考えていきます。

iPadの寿命を感じるポイントは3つあります。

それでは順番に見ていきましょう。

バッテリーの劣化

スマホもそうですが長く使っていくうちに徐々にバッテリーは劣化していきます。

バッテリーの減りが早く感じるようになったり、使っていなくてもバッテリーの減りが目立つなど。

バッテリーはAppleや非公式の修理屋さんなどで交換してもらえば復活はしますが、バッテリーの交換代(約1万円)が発生することを考えると買い替えを検討するのもアリですね。

使い方にもよりますがiPadの場合3年くらい使い続けるとバッテリーの減りの早さが気になりだすかも?

スペック不足

古いiPadを使い続けているとアプリの動きが重かったり、挙動がおかしくなることもあります。

アプリに対してiPadのスペックが不足していると、こういった不具合が起きます。

お絵かきアプリが動画編集アプリ、最新のゲームアプリなどは十分なスペックがないと動きが重くなりがちです。

逆に言えばスペックをそこまで要求されないアプリであれば、古いiPadでも十分動かすことができます。

アプリのアップデートができない

こちらは先ほど少し紹介したのですが、「アプリを起動するためにはアプリのアップデートが必要です」というケースがあります。そして、そのアプリをアップデートするには「iPadOS○以上にアップデートしてください」というケースも。

自分が使っているiPadがOSのサポート対象から外れている場合はOSのアップデートができないので、アプリのアップデートをすることもできず、アプリを起動することすらできない場合もあります。

これはよほど古いiPadを使っていない限り可能性としては低いので安心してください

iPadは最大どのくらい使えるのか?

iPadは最大どのくらい使えるのか?

それでは最後に、iPadは1度購入したらどのくらい使えるのか?について。

iPadOSのサポート期間、本体の寿命などを考慮しても5年は使えると言えます。

5年は使えるしそれ以上も可能

iPadで何をするのか?にもよりますが、クリエイティブな作業をするのであれば5年。

ネットサーフィンや動画視聴くらいのレベルであれば6〜7年は余裕で使えるはずです。

(補足)古いiPadでも価値が落ちにくいのが魅力

iPadは発売から数年経っていても価値が落ちにくく、買い取りもそこそこのお値段でしてくれます。

なので、iPadを5〜6年使って買い替えのタイミングかな?と思えば、買い替え後に古いiPadは売ればOK。

高く買い取ってもらう為にもケースや保護シートなどを使って傷が付かないようにしておくことをおすすめします。

ちなみに発売から5年以上経過しているiPadを売ったことがありますが、買取金額に驚きました

まとめ

  • iPadOSのサポート期間は5年が目安
  • 使い方次第では5年以上使うことも可能
  • 5年くらい使って買い替えのタイミングで売るのもアリ

iPadは1度購入すれば数年使えることを考えると、やはりモデル選びは重要です。

しっかりと自分に合ったモデルを購入して5年くらい使って、買い替えのタイミングで売ってしまうのが良いと個人的には思います。

おすすめ記事

iPadの選び方についてそれぞれのモデル別に解説した記事がこちら(【初心者向け】iPadの選び方と特徴を比較してわかりやすく解説【モデル別】)になります。ぜひご覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる