【買い取り】GEO(ゲオ)でiPadを売るときの流れを解説【実体験】

ゲオでiPadを売る流れ

iPadをゲオで売ろうとしている方向けの記事となります。

  • ゲオでiPadを売りたい
  • iPadを売るためにやるべきことは?
  • 全体の流れを知りたい

この記事ではゲオでiPadを売るときの流れについて分かりやすく解説していきます。少しでも参考になれば幸いです。

実際に僕もゲオでiPadを売ったことがあります

タップできる目次

iPadを売りに行く前にやるべきこと

iPadの初期化

iPadを売る前にデータは必ず初期化しておく必要があります。

初期化のやり方

初期化の手順に関してはこちらの記事(iPadを売る前にやるべき初期化手順をわかりやすく解説)をご覧ください。

一応ゲオ側も専門機関に買い取ったiPadを送って初期化してるらしいですが、自分でも必ず初期化はしておきましょう

初期化が完了するとiPadの画面に「HELLO」「こんにちは」みたいな文字が表示されます。

僕はその状態で電源を切ってゲオへ持っていきました。

付属品の有無について

ゲオではどうやらiPadの付属品は査定に影響しないようです。

一応付属品を付けて売ったのですが、付属品は別としてカウントされ安いお値段で買い取りという形になります。

なので、付属品は基本的に一緒に売る必要はなく、iPad本体と箱さえあればOKです。

ちなみにケースを付けている人は外すのをお忘れなく

充電はしておいた方が良い

ゲオの方でも動作確認が行われるので充電は事前にしておくことをおすすめします。

ゲオの店員さんが初期化されて「HELLO」「こんにちは」の画面になっているiPadをポチポチ触っていたので、充電しておいた方が向こうもすぐに動作確認ができると思うので待ち時間も短く済むと思います。

SIMカードを抜いておく

基本的に皆さんのiPadはWi-Fiモデルですので、SIMカードを入れるところがないと思います。

一部のCellularモデルを使っている方は、事前にSIMカードを抜いておくことをお忘れなく。

ゲオでiPadを買い取りしてもらうときの流れ

ゲオでiPadを買い取りしてもらうときの流れ

①:買取しているレジへ持っていく

買い取り専用のレジがある場合はそちらへiPadを持っていきましょう。

店舗によってはない?場合もあるかもしれませんが、その場合は通常のレジへ持っていけば良いと思います。

②:アンケートを書く

SIMロックの有無などのアンケートを渡されるので書きます。

アンケートを書き終えたら待ち時間の目安を教えて貰えます。

③:約30分ほど待つ

僕は何回かゲオへ売りに行ったことがありますが、基本的に30分待ちます。

店内で待つかテキトーにどこかへ出かけて30分後にお店に戻りましょう。

僕はどこか出かける派です

④:買取金額を確認して売るか決める

iPad本体の傷・画面のヒビ・塗装ハゲなどによって査定のランクが変わります。

未使用品以外の査定は「A・B・C」ランクに分かれており、最も良いのがAランクです。

僕の場合、ケースを付けずに裸で使っていたものもあったのですがAランクで買い取って頂けました。画面は保護シートを貼っていたので画面に傷などは一切なしです。

買取金額に納得できたらそのまま売ることができますし、納得できなければキャンセルも可能です。

⑤:免許証などを提示

最後に本人確認書類を提示する必要があります。

運転免許証など身分を証明するものがあればOK。

おわり

以上がゲオでiPadを売るときの流れについてでした。

ゲオでは定期的に「買取強化キャンペーン」をやっており、iPhoneやiPadといったApple製品の買取額を10%アップしているときがあるので、そういったキャンペーンの日を狙って売りに行くのもおすすめです。

Apple製品の買取額って意外と高いのでそこに+10%は結構デカいですよ

おすすめ記事

iPadの選び方についてそれぞれのモデル別に解説した記事がこちら(【初心者向け】iPadの選び方と特徴を比較してわかりやすく解説【モデル別】)になります。ぜひご覧ください。

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる