MENU
わいし
運営者
スマホ・タブレット・パソコンのようなガジェットが好き。ミニマルなデザインのモノも好き。なるべくモノは少なく、デジタル化で穏やかに暮らしたい。

iPadに刻印を入れるのはちょっと待った!刻印を入れるのはやめた方が良い理由

iPadの刻印はやめた方が良い理由

こんにちは、不要になったiPadは売ってしまうわいし(@yshi_blog)です。

iPadは、Apple製品ということもあって発売から数年経過していても極端に買取価格が落ちたりしません。なので、iPadを買い替えたタイミングで売ってしまいます。

そんなiPadですが、あるサービスを利用してしまうと買取価格が極端に落ちてしまったり、最悪買取拒否なんてこともあります。それが「刻印」というサービス。

もし刻印を入れようか迷われている方や今後iPadを売る可能性がある方に向けて解説していきます。

わいし

刻印のサービスは素晴らしいですが、注意も必要です

目次

Sponsored Links

Appleの刻印サービスとは

Apple公式サイトから

Appleの刻印サービスとは、iPhoneやiPadといった対象製品を購入すると、無料で自分が指定した文字を印刷してくれるサービスです。Appleのオンラインストアで購入した場合限定。

全ての製品に刻印できるわけではなく、刻印を入れられる対象製品がこちら。

刻印サービスでは自分が好きな文字を入れることができるので、例えば「自分の名前・好きな言葉・メッセージ」などを刻むことができます。自分だけのオリジナルガジェットを作ることもできますし、誰かのプレゼント用に刻印サービスを利用される方も多いでしょう。

iPadに刻印を入れると売れなくなるのがデメリット

iPadに刻印を入れると売れなくなるのがデメリット

刻印のサービス自体はとても素晴らしいものですが、1つ注意点があります。

それは「売るときに刻印は傷扱いで安く買い取られてしまう可能性がある」というところです。

基本的にiPadを査定するときには傷の有無や画面のひび割れなどによってランクが付けられます。

刻印がある場合は傷扱いでランクを下げられてしまい、査定の価格が落ちる可能性があります。

どれだけiPadの状態が良くても刻印だけの理由で査定のランクが落ちるケースはあります。

必ずしも「刻印 = 査定のランクが下る」わけではありませんが、ほとんどの買取専門店では刻印は傷扱いになる可能性が高いです。場合によっては、刻印は買い取り不可になるケースもゼロではないので注意。

わいし

将来的にiPadを売るという人は気をつけたいですね

関連:iPadをGEO(ゲオ)で売ってきた!売るまでの手順と流れを解説【レポ】

Sponsored Links

iPadを売るつもりなら刻印はやめておいた方が良い

iPadを買うときは、ワクワクしますし刻印を入れてオリジナルのiPadにするんだ!という気持ちも分かります。

しかし、将来的にiPadを売るという選択肢があるのであれば、刻印はやめておいた方が良いです。

絶対にiPadは売らない!という意志がある人は刻印サービスを利用しても良いかも。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次