iPadに刻印を入れるのはちょっと待った!今後のことを考えたらデメリットも

Appleには「刻印」のサービスがあります。
この記事では、そんな刻印の注意点を解説していきます。

  • Appleには無料の刻印サービスがある
  • iPadにオリジナル刻印を入れることが可能
  • ただし、注意点も・・・

Appleの刻印サービスを使って世界に1台だけのオリジナルiPadを作ろうとしている方に「ちょっと待った!」と言うのがこの記事の目的です。

刻印を入れる前にデメリットをしっかりと理解した上でオリジナルiPadをぜひ作ってくださいというお話。

刻印に興味がある方もぜひ最後までご覧ください

おすすめ記事

iPadの選び方についてそれぞれのモデル別に解説した記事がこちら(【初心者向け】iPadの選び方と特徴を比較してわかりやすく解説【モデル別】)になります。ぜひご覧ください。

目次

Appleの刻印サービスとは

Apple公式サイトから

Appleのウェブサイト(オンライン)から対象の製品を購入すると無料で刻印をしてもらうことができます。

対象製品

  • iPad
  • iPod touch
  • Apple Pencil(第2世代)
  • AirPods

自分の名前や好きな言葉を自由に刻印することができます

刻印について詳しくはAppleの公式サイトをご覧ください。

iPadに刻印すると売るときにデメリットがあります

iPadの刻印のデメリット

刻印のサービス自体はとても素晴らしいものですが、1つ注意点があります。

それは「売るときに傷扱いで安く買い取られてしまう可能性がある」というところです。

査定のときにランクが下る可能性がある

基本的にiPadを査定するときには傷の有無や画面のひび割れなどによってランクが付けられます。

刻印がある場合は傷扱いでランクを下げられてしまい、査定の価格が落ちる可能性があります。

どれだけiPadの状態が良くても刻印だけの理由で査定のランクが落ちるケースはあります。

必ずしも「刻印 = 査定のランクが下る」わけではありませんが、ほとんどの買取専門店では刻印は傷扱いになるでしょう。

場所によっては刻印の文字によって買取額を下げるといった場合もあります。

将来的にiPadを売るという人は気をつけたいですね

フリマサイト・アプリで売る場合の注意点

もし自分でサイトやアプリを使ってフリマのような形で売る場合、必ず刻印があることを知らせておきましょう。

刻印があるにも関わらず隠して売った場合、後々トラブルになる可能性もあります。

iPadは高値で買い取ってもらえるからこそ考えて

iPadは高値で買い取ってもらえるからこそ考えて

Apple製品は発売から数年経っていても、そこそこのお値段で買い取ってもらえます。

せっかく高値で買い取ってもらえるチャンスがあっても刻印を理由に査定のランクが下げられてしまった・・・というのは、もったいないので、売ることを考えれば刻印はしないに越したことはないでしょう。

iPadは買ったら一生使えるものでもないので、買い替えのタイミングなどで売るという人も多いでしょうしね。

逆に売らないのであれば刻印は世界に1台だけの自分オリジナルのiPadになるのでアリですね。

コメント

コメントする

目次
閉じる