【MNO・MVNO】楽天モバイルの情報まとめ【キャリア初SIMフリー】

第4キャリアとして参入予定の「楽天」の情報をまとめていきます。

 

格安SIMを提供してきた楽天は、10月からキャリアとして参入しますが、10月から格安SIMの楽天モバイルの方も少し変更があります。

 

スポンサーリンク

楽天モバイルの情報をまとめていきます

MNOとMVNOの二刀流

楽天は元々格安SIM(MVNO)をユーザーに提供してきましたが、2019年秋からキャリア(MNO)として参入。

 

しかし、今後も格安SIMの方も新規受付を継続。

楽天は「MNO」と「MVNO」の二刀流という事になります。

 

最低利用期間・違約金は、なし

格安SIMの「楽天モバイル」では、最低利用期間を自分で選ぶことができました。1年縛りから3年縛りまで選ぶことができ、縛り期間に応じて割引が適用されるという仕組み。

 

この「最低利用期間」を10月から廃止にするとのこと。

最低利用期間が廃止されるので違約金も廃止となります。

 

MNOでも最低利用期間は廃止になる予定です。

 

スーパーホーダイの新料金プラン

※「スーパーホーダイ」「組み合わせプラン」の両方で最低利用期間が廃止となります。

 

公式サイト:楽天モバイル

 

販売する端末は全てSIMロックフリー

日本ではキャリアで端末を購入する場合は、SIMロックの状態でユーザーに提供されますが、楽天はキャリア初のSIMロックフリー端末を販売。

 

楽天がキャリアでSIMロックフリー端末を販売する事によって今後は、ドコモやau、ソフトバンクもそれに続くか気になるところです。

 

オリジナルスマホ(Rakuten mini)を販売

3.6インチの超小型オリジナルスマホを販売。

重量も79gと超軽量です。

 

Rakuten miniは、今流行り?今後流行る?「eSIM」に対応。

 

「楽天Link」

通話・チャット・メッセージ・ゲームといったコミュニケーションツールを1つにまとめた「楽天Link」を提供予定。

 

楽天モバイル:無料サポータープログラム

  • 国内・国際通話無制限
  • 国内・海外データ通信無制限(100GB+データチャージ)

 

募集人数:5,000名

月額料金が0円で2020年3月31日まで利用可能。

楽天の回線や品質をユーザーがテストしてチェックするという形になります。

 

参加条件

  • 東京23区・名古屋市・大阪市・神戸市に住んでいる人
  • 満18歳以上
  • 新規契約 or MNPで乗り換え可能な人
  • 楽天回線に対応した端末を持っている・購入する人
  • 品質テスト・アンケートに協力ができる人

楽天回線のテストとして参加するとはいえ、約半年の期間0円で使えるのは凄いです。

 

公式サイト:楽天モバイル