MENU
わいし
運営者
スマホ・タブレット・パソコンのようなガジェットが好き。ミニマルなデザインのモノも好き。なるべくモノは少なく、デジタル化で穏やかに暮らしたい。

【Soundcore Life P3をレビュー】初めてワイヤレスイヤホンを買うならコレ【コスパ最強】

ワイヤレスイヤホン・・・様々なメーカーから発売されているし価格もバラバラ。

正直どれを買えば良いのか分からないという人も多いはず。でも、ワイヤレスイヤホンデビューしたい!という方におすすめしたいのが、Ankerの「Soundcore Life P3」です。

今のワイヤレスイヤホンというのは、質や性能を求めれば求めるほど、簡単には手の出しにくい価格になっていますよね。特に初めてワイヤレスイヤホンを買う人にとっては高すぎる。

じゃあ安いイヤホンはどうなのか?と言うとあらゆる面で妥協が必要です。しかし、今回紹介するSoundcore Life P3は、機能を全部つけて8,000円台という超コスパ最強のワイヤレスイヤホンです。それではレビューしていきます。

わいし

初めてワイヤレスイヤホンを買うならコレ買っておけば間違いなし!

Anker Soundcore Life P3
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 8,000円台で妥協なしの機能を搭載
  • 最大35時間使えるバッテリー
  • イヤホン本体とケースが軽い
  • 専用アプリで細かな設定が可能
  • 低音の重量感が素晴らしい
デメリット
  • シングルタップの誤作動が怖い
  • 着脱で自動オフの機能がない
  • 外音取り込み音モードは微妙

Sponsored Links

タップできる目次

Anker Soundcore Life P3を開封

Ankerのワイヤレスイヤホン「Soundcore Life P3」を開封していきます。

外箱をパカッと外すとこんな感じ。

Soundcore Life P3の箱

Soundcore Life P3の付属品はこんな感じです。

Soundcore Life P3の付属品
  • ワイヤレスイヤホン本体
  • 充電ケース
  • イヤーチップ(サイズ別)
  • 充電ケーブル(USB-C to A)
  • 説明書

イヤーチップは、4段階のサイズに分かれているので自分の耳のサイズに合わせて選べるようになっています。

Soundcore Life P3のイヤーチップ

Anker Soundcore Life P3の外観

Anker Soundcore Life P3の外観
製品Soundcore Life P3
重量
(イヤホン本体・両耳)
約10g
重量
(充電ケース)
約60g
再生時間イヤホン(最大7時間)
充電ケース込み(最大35時間)
ノイズキャンセリング
外音取り込みモード
イヤホン(最大6時間)
充電ケース込み(最大30時間)
防水規格IPX5
通信規格Bluetooth 5.0

充電ケースは丸み帯びたデザインになっており、ロゴが刻印されています。

Anker Soundcore Life P3の充電ケース

指輪のケースのように上部のフタをパカッと開けると、中にワイヤレスイヤホン本体が収納されています。

Anker Soundcore Life P3の充電ケースを開けるとイヤホン本体が登場

片手で開けるにはやや難しいかな?とは思いますが、個人的には使っていて特に気にはなりません。

イヤホン本体のデザインは、こんな感じ。

Anker Soundcore Life P3のイヤホンはカナル型

Soundcore Life P3は、カナル型イヤホンなので耳にギュッとハマります。

デザイン的にもいわゆる耳からうどんが出ているタイプですが、僕はこういったデザインのイヤホンが好き。

Anker Soundcore Life P3のイヤホン本体に刻印されているロゴ
わいし

イヤホン本体にもちゃんとロゴが刻印されています

Sponsored Links

Anker Soundcore Life P3をレビュー

それでは早速、Anker Soundcore Life P3を使った感想を書いていきます。

最大35時間・10分の充電で2時間使えるバッテリー

Soundcore Life P3は、イヤホンだけでもフル充電で最大7時間。充電ケース込みなら最大35時間も使えます。

よほど音楽好きでもない限り、ケース込みでフル充電しておけば2〜3日はバッテリーの心配をする必要はないでしょう。ちなみに僕は1日1時間ほどしか使わないので永遠にバッテリーが減らない。

また、10分の充電で約2時間分の音楽再生が可能という優れもの。素晴らしい。

充電ケースはコンパクトだけどちょっと滑る

充電ケースのサイズは、約‎5.29 x 6.09 x 3.1cmとコンパクトでポケットにもスポッと入ります。

ただ、充電ケース本体がややスベスベしているので滑る。別に落とすほどではないのですが、両手でしっかりと持ってパカッと開けないと今後落として傷つけそうな気がします。

専用アプリを使えば細かな設定が可能

スクロールできます
Soundcoreのアプリ
Soundcoreのプリセット

専用アプリ「Soundcore」を使えば様々な細かい設定を行うことができます。

例えばイコライザーの設定をすることで、自分の好みにあった音質を楽しむことができます。また、自分の耳とイヤホンの装着具合を確かめるイヤーチップ装着テストが行えたり、ゲームを楽しむ人向けにゲームモードという設定も可能。こちらは映像と音声のズレを低減し、ゲーム中のアクション音や足音などを強調するモード。

その他にも、イヤホン本体をタップすることで指定した動きを行えるコントロールの設定も可能。

スクロールできます
Soundcoreのコントール設定:シングルタップ
Soundcoreのコントール設定:2秒間長押し
  • シングルタップ:イヤホン本体をポンと叩いたときの設定
  • 2回タップ:イヤホン本体をポンポンと叩いたときの設定
  • 2秒間長押し:イヤホン本体を2秒間指で当てたときの設定

全部で3種類のタップの設定を両耳のイヤホンに割り当てることができるので、最大6つの設定ができます。例えば、右耳のイヤホンを2回ポンポンと叩いたら音量を1つ上げる。左耳のイヤホンを2回ポンポンと叩いたら音量を1つ下げるといった設定が可能。

わいし

ちなみにシングルタップは誤作動があるので、僕はオフにしています・・・

これが8,000円台?と驚くレベルの音質で低音のドゥンドゥン感が良い

これが8,000円?と驚くレベルの音質で低音のドゥンドゥン感が良い

8,000円台のワイヤレスイヤホンだけど、肝心の音質はどうなの?って気になる方も多いと思いますが、正直に言うとめちゃくちゃ凄い。低音をしっかり響かせつつ、爽快感すら感じさせてくれます。

もちろん、音質にめちゃくちゃこだわりがある人にとっては「ココがダメだよね」みたいなのがあるかもしれません。

しかし、正直ある一定のレベルを超えたイヤホンであればどれで聴いても正直違いが分からないという僕みたいな人間であれば、Soundcore Life P3を使うと「これが・・・8,000円台なの!?」ってなるのは間違いない。

わいし

最初使ったときは安っぽいかな?と思ったけど、ちゃんとイヤーチップ装着テストをして耳の中にギュッと入れたら世界が変わったよ

ノイキャン・外音取り込みモードも搭載

スクロールできます
Soundcoreのモード設定画面:ノイズキャンセリングモード
Soundcoreのモード設定画面:外音取り込みモード

Soundcore Life P3には、ノイズキャンセリングモードと外音取り込みモードも搭載されています。こちらはアプリでモードの切り替えはもちろん、イヤホン本体のタップでモード切り替えを割り当てることもできます。

ノイズキャンセリングモードでは「交通機関」「屋内」「屋外」と細かく設定することができます。

使ってみた感想としては、まあまあこんなもんだろうという感じ。凄く良い!というわけではないですが、価格を考えれば十分というレベル。むしろ凄いレベル。

逆に外音取り込みモードに関しては、微妙。わざわざ使うレベルではないかなという感じ。

初めてワイヤレスイヤホン買うならSoundcore Life P3

初めてワイヤレスイヤホンを買うという人で、なるべく価格は抑えたいのであれば今回紹介したAnkerのSoundcore Life P3を買っておけば間違いないでしょう。

下手に安いイヤホンを買うのは絶対に後悔しますし、そこまで音にこだわりがないのであれば高いイヤホンに手を出すのはもったいない。となると、価格と性能のバランスが取れたSoundcore Life P3は最強。

1度、このワイヤレスイヤホンを買って使ってみて、1〜2年経って物足りなくなったときに上位モデルや別のワイヤレスイヤホンを検討してみるというのが良いと思います。まずはコレ買っておいて損はなし!

Anker Soundcore Life P3
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 8,000円台で妥協なしの機能を搭載
  • 最大35時間使えるバッテリー
  • イヤホン本体とケースが軽い
  • 専用アプリで細かな設定が可能
  • 低音の重量感が素晴らしい
デメリット
  • シングルタップの誤作動が怖い
  • 着脱で自動オフの機能がない
  • 外音取り込み音モードは微妙

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次